おかき・あられ・せんべいの専門家監修

コラーゲンペプチドの吸収と効果|男性の美容にも必須のタンパク質とは?|Collagen

コラーゲンパウダーの写真

タンパク質は20種類のアミノ酸 がペプチド結合で多数繋がった高分子物質。繊維状タンパク質と言われる『コラーゲン』は、美容と肌の健康維持には欠かせません。

年齢とともに合成する力が衰えていくということで、40代の私にとっても意識するタンパク質の一種です。

コラーゲンを吸収しやすいカタチ(低分子)にしたものがコラーゲンペプチドで、食品やお菓子などにも利用されています。

体を構成している成分では水分についで最も多いタンパク質は、肌の健康を左右するとも言われています。

そのため、炭水化物を多く含むお菓子(おかき・あられ・せんべい)をよく食べる私にとっては、できるだけ意識して摂取しておきたい成分なのです。

コラーゲン(Collagen)はタンパク質の一種

皮膚の断面図

たんぱくはアミノ酸の重合体で、皮膚や骨に多く含まれるコラーゲンは、私たちの体のなかのタンパク質の約30%を占めています。

皮膚組織では水分を除くと約70%がコラーゲンで、細胞の形を維持するための機能をもつ構造タンパク質です。

構造タンパク質の仲間として、結合組織にあるエラスチンや毛髪や爪のケラチンも有名です。

表皮の下にある真皮では、コラーゲンがエラスチンやヒアルロン酸と協力して弾力性をキープしてくれています。

  • コラーゲン・・・肌のハリ、弾力を保つ繊維
  • エラスチン・・・肌の細胞を繋ぎとめる繊維
  • ヒアルロン酸・・・肌の潤いを保つ成分

こららの真皮成分を生み出す繊維芽細胞を活性化させることがポイントになりそうです。

タンパク質の構造はどうなっているの?

タンパク質の構造図

タンパク質はアミノ酸が鎖状(さじょう)につながった螺旋(らせん)構造をしていて、プロリンやグリシンといったアミノ酸の含有率が高いポリペプチドが3本組み合わされた構造をしています。

とくにプロリンの含有量が多く、一部はヒドロキシ化されたヒドロキシプロリンとともにコラーゲン分子の強度を高めているとされています。

なお、アミノ酸が2~10個つながったものをオリゴペプチド、10個以上のものをポリペプチド、50個以上のものが基本的に「タンパク質」と呼ばれています。

ペプチド結合の種類

種類 アミノ酸の数
タンパク質 50個以上 *
ポリペプチド 10個以上
オリゴペプチド 2~10個
アミノ酸 1個

*100個以上とされる場合もあります。
※ポリペプチドとコラーゲンの明確の違いはないともされています。
●参考資料:栄養科学イラストレイテッド 生化学 羊土社

コラーゲンはどうやって吸収されるの?

タンパク質は、まずは胃腸の消化酵素によって分解されます。基本的にはアミノ酸という単一単位に分解されるのですが、なかには幾つかのアミノ酸がつながったままのペプチドが含まれています。

そのアミノ酸ペプチドが、小腸の上皮細胞から毛細血管に入って、体内に運ばれていきます。

分子の大きさ順に並べると下記のようなイメージです。ゼラチンをあらかじめ酵素分解して吸収しやすい形にしたものがコラーゲンペプチドです。

コラーゲン > ゼラチン > コラーゲンペプチド > アミノ酸

タンパク質はアミノ酸に分解されて、体内で再合成されるためコラーゲンにどれくらいの貢献をしているのかは、まだ解明されていないようです。

しかし、研究の結果、コラーゲンをペプチドの状態で摂取することは、少なくとも美容や肌の健康維持においても効果があるということがわかってきました。

つまり、コラーゲンペプチドが体内の繊維芽細胞などに作用することで、それぞれの箇所で効果が表れるといった仕組みです。

コラーゲンペプチドの原料は、豚や牛、鶏の皮や骨、または魚の皮やうろこが使われています。

効くか効かないかは個人差によって異なるのも事実ですが、コラーゲン入りのパウダーやゼリーなどの商品が続々と発売されています。

2020年9月28日には、明治から男性用のコラーゲン『アミノコラーゲンMEN』も発売されました。ものは試しと、早速Amazonで購入してみました。



男性なのになぜコラーゲンを摂っているの?

コラーゲンのイメージ画像

現在、私もいくつかのコラーゲンを試しているところです。なぜ、男性なのにコラーゲンを摂っているのかと言うと、年齢とともに肌の艶がなくなってきている感は否めません。また、シワや白髪が気になる年齢になってきたからです。

細胞組織は年齢とともに老化していきます。子供たちの肌を毎日見ていると、あの頃に戻りたいと思ってしまうこの頃です。

それはさておき、おかき・あられ・せんべいの専門家である私は仕事上、カロリー(kcal)でも表される『たんぱく質』とは切っても切れない縁なのです。

毎日、炭水化物(糖質)が全体の7~8割を占めるおかき・あられ・せんべいを食べていると、タンパク質が自然と恋しくなってしまうのかもしれません。

コラーゲンの成分である必須アミノ酸であるリシン(リジン)が、主原料の精白米には少ないこともあって、とくに気をつけているというのが本質的な答えです。

食生活においては、たんぱく質を多く含む食材を意識的に取り入れていますが、より効果的に摂取したいため、プロテインパウダーとコラーゲンパウダーを利用しています。

コラーゲンパウダーの成分比較

2種類(アミノコラーゲンMEN・こなゆきコラーゲン)の主な内容を比較してみました。

主原料では、魚と豚の違いが見て取れます。どちらも同じくらいの内容量ですが、価格は3倍ほどの違いがあります。

項 目 アミノコラーゲン
MEN
こなゆき
コラーゲン
メーカー 明治 タマチャンショップ
主原料 魚コラーゲンペプチド 豚皮コラーゲンペプチド
内容量 98g 100g
価 格 2980円(税込) 1000円(税込)

※原材料は主原料のみ掲載しています。
※価格は販売店によって異なる場合があります。

今まで、試してみた商品は、ファンケルのディープチャージ コラーゲン、ニッタバイオのコラゲネイド・BMペプチド5000、タマチャンショップのこなゆきコラーゲン、明治のアミノコラーゲンMENです。

補足:タマチャンショップには魚が主原料の『こなゆきマリンコラーゲン』もあります。

まとめ:やはり男性でもコラーゲンは摂っておきたい

美肌の女性(イメージ画像)

コラーゲンは、皮膚や軟骨などの主要なタンパク質の一種です。体内たんぱく質の30%を構成しているだけに、不足すると肌の健康にも支障をきたす恐れがあります。

男女問わず年齢とともに、タンパク質が糖化することによって、皮膚などの組織が老化すると言われています。

そのためにも、できるだけ毎日の食事から摂取したいところですが、難しい場合はコラーゲン入りのサプリメントや健康食品から摂るのも良いかもしれません。

コラーゲンの合成に不可欠でもあり、老化防止にも一役買ってくれる抗酸化作用のあるビタミンCとは一緒に摂取しておきたいところです。

プロテインとコラーゲンを使うようになって、実感としては少なからず効果があるとは感じています。効果の度合いについては実感するしかありませんが、自分にあったタイプのコラーゲンを見つけておくことで先々役立つかと思います。

できればコストパフォーマンスの高いアイテムを見つけておきたいところ。その点においては、タマチャンショップの『こなゆきコラーゲン』は嬉しい価格です。

いろいろなコラーゲン入り食品が発売されていますので、商品情報に加えて、口コミやレビューも参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かの参考になれば幸いです。

【参考文献】
●コラーゲン完全バイブル 真野博 幻冬舎
※コラーゲンの効能効果には個人差があります。

※写真やイラストはイメージです。