濃厚プレミアムチーズあられ(3種ミックス)で素敵なワイン&ティータイムを

濃厚プレミアムチーズあられ

この度、大人のあられをコンセプトにした『濃厚プレミアムチーズあられ(3種ミックス)』が発売されました。

業界のプロたちが生み出した “あられ” と “チーズ” のマリアージュ。

今回は、主なチーズの種類や作り方を交えて商品の魅力について簡単にまとめてみました。

お好みのワインやティーとあわせて楽しいリフレッシュタイムを過ごしていただければ幸いです。

最後にお取り寄せ先のリンクも貼っておきましたので、ご興味がございましたらご利用ください。

濃厚プレミアムチーズあられ(3種ミックス)について

Wine and Cheese

濃厚プレミアムチーズあられは、世界で代表的なチェダーチーズ、ゴーダチーズ、ブルーチーズ、カマンベールチーズを原材料に食べやすい一口サイズに仕上げてあります。

3種類の濃厚プレミアムチーズあられが、深みのある味わいとそれぞれのアクセントが口の中を満たしてくれます。

それぞれ個包装仕様で直径約3センチ程度の国内産もち米100%のチーズ風味のあられです。

日常生活のなかの様々なシチュエーションで皆様の素敵なティータイムにご利用いただければ嬉しいばかりです。

濃厚プレミアムチーズあられの商品情報について

濃厚プレミアムチーズあられ

商品コード4543003510559
名 称米菓
商品名濃厚プレミアムチーズあられ(3種ミックス)
内容量18個
参考価格648円~(税込)
製造者株式会社福あられ本舗
岐阜県岐阜市中西郷5-64

※商品情報は予告なく変更になる場合がございます。2020年11月1日現在

カロリーや糖質などの栄養成分表示については、3種類の風味ごとに一覧表にしてあります。

カロリー(Kcal)は、たんぱく質・脂質・炭水化物の熱量の合計値です。糖質は炭水化物、塩分は食塩相当量でご確認ください。

栄養成分表示

項目シュガー
ブルーチーズ
チェダー&
ゴーダ
ブラックペッパー
カマンベール
エネルギー17㎉15㎉15㎉
たんぱく質0.4g0.4g0.4g
脂質0.7g0.6g0.6g
炭水化物2.5g2.1g2.0g
食塩相当量0.1g0.05g0.1g

※表示値は目安です。

そもそもチーズはどうやってできるの?

チーズのイメージ画像

日本では、主にナチュラルチーズは、非熟成の『フレッシュチーズ』と熟成させた『熟成チーズ』の2つに分けることができます。

チーズは、ミルク(乳)を固めた「凝乳(ぎょうにゅう)」から「ホエイ」と呼ばれる乳清(にゅうせい)を取り除いたものを指します。

ミルクは、牛乳をはじめ山羊乳(やぎにゅう)、羊乳(ようにゅう)などが使われています。

チーズの種類によっては、塩(しお)を加えて数日から数年かけて熟成させて完成。この熟成の過程を経て、チーズに含まれるたんぱく質や脂質が美味しさを引き立てます。

STEP.1
凝固
ミルク(乳)を酵素や酸を加えて固めます。
STEP.2
カッティング
凝固したミルクからホエイ(水分)を取り除く
STEP.3
型詰め
水分を取り除いたチーズ(フレッシュチーズ)が完成
STEP.4
カビ付け
微生物(白カビ・青カビ)などの胞子を吹き付ける
STEP.5
熟成
塩を加えて熟成させてチーズ(熟成チーズ)が完成
豆知識
ステップ2で取り除いたホエイ(乳清)には、たんぱく質に含まれるアミノ酸(ロイシン、イソロイシン、バリン)が豊富に含まれているためプロテインの原料にも利用されています。

ナチュラルチーズ(Natural Cheese)の種類について

cheese types

ここではナチュラルチーズの代表的な種類と国を一覧表にしてみました。いくつか馴染みあるチーズもあるかと思います。

濃厚プレミアムチーズあられで利用しているチーズも含まれています。ぜひ、イメージを膨らませながら味の違いを楽しんでみてください。

ナチュラルチーズ分類表

タイプ名種類代表国
ハード
(セミハード)
チェダーイギリス
ゴーダフランス
エメンタールスイス
パルミジャーノ・
レッジャーノ
イタリア
フレッシュモッチァレライタリア
マスカルポーネフランス
フロマージュブランフランス
白カビカマンベールフランス
ブリフランス
サン・タンドレフランス
青カビ
(ブルーチーズ)
ゴルゴンゾーライタリア
ロックフォールフランス
スティルトンイギリス
ウォッシュエポワスフランス
モン・ドールフランス
マンステールフランス
シェーヴルヴァランセフランス
クロタン・ド・
シャヴィニョル
フランス

※チーズプロフェッショナル協会(C・P・A)分類表より

プロセスチーズ(Processed Cheese)とは?

ナチュラルチーズは先ほどの通りですが、発酵後に加熱処理をしていないタイプになります。

一方、プロセスチーズとは、色々なナチュラルチーズを原料を加熱して作られるチーズを言います。

一般的にプロセスチーズの定義は、ナチュラルチーズを粉砕し、加熱溶解し、乳化したものとされています。

歴史的にはナチュラルチーズに比べ新しいチーズであり、誕生は1910年頃とされています。

プロセスチーズは、チーズに含まれる微生物や酵素の働きを加熱処理によって働きを止めることで、長期の保存ができるメリットがあります。

その性質を利用して、世の中には様々なメーカーから美味しいチーズあられが作られています。

【参考文献】
齋籐忠夫「チーズの科学」講談社 2016、西紘平 監修、白石敏夫・福田みわ・三浦修司 共著「チーズ入門」改訂4版 2017

※写真やイラストはイメージです。