冬季限定!日天製菓(愛知)の『あられ屋さんのちょこれぇと』

あられのチョコレート

ドイツのケルンで行われる世界の菓子博覧会ともいうべき『ISMケルン国際菓子専門見本市』に行ったときに、チョコレートのお菓子が大半を占めていたのには驚きました。今では、日本でも多くの種類のチョコレートが店頭に並んでいます。

そこで今回は、冬季限定のあられを販売している愛知県の日天製菓さんの『あられ屋さんのちょこれえと』の試食記事をまとめてみました。

ひとことで言うと、あられの形をそのままに、コーティングではなく、あられの中に特殊な技術でチョコレートを浸み込ませた新食感のお菓子です。食感のみならず、お米とチョコレートの甘みが合わさって心にも沁みるおいしいひと品です。

あられ屋さんのちょこれえとの特徴について

風味豊かなチョコレートがあられの中にしっかりと浸み込んだあられのご紹介。噛めば噛むほどにチョコレートの風味がお口の中で広がる美味しいスイーツです。

サクサクとしたあられの食感とチョコレートがあわさって食べ心地の良さがあります。高温では溶けてしまうということもあって、冬にしか味わうことのできないお菓子のようです。

チョコレートをディップしたり、コーティングしている商品は世の中に割とありますが、含侵(がんしん)という技術で生地の中に浸み込ませているのには恐れ入ります。

含侵とは、気圧の変化を利用して、そのものに含まれる隙間や空間に液体などを圧入して埋める技術を指します。真空状態を利用して、一気に液体を浸み込ませる真空含浸法などが有名です。

そのため、あられの食感をキープしたまま、チョコレートが中から出てくるような口当たりはとても美味です。

あられのチョコレート(パッケージ画像)

栄養成分表示(カロリー・塩分)について

お菓子は大好きだけと、ちょっとカロリーや塩分などが気になるという方もいらっしゃると思いますので、『あられ屋さんのちょこれえと(スイート味)』の栄養成分の数値を載せておきます。

栄養成分表示 1袋(約100g)あたり

エネルギー 552kcal
たんぱく質 4.2g
脂質 32.4g
炭水化物 60.9g
食塩相当量 0.02g

※数値は目安です
引用元:商品掲載情報より

注意事項

一般的にチョコレートは28度前後以上になると比較的に溶けやすくなります。そのため、ポケットに入れていたら体温で溶けてしまったいうこともあるかもしれません。持ち運びの際は、ポーチやカバンなどにいれていただくと良いかと思います。また、気温が高い日や暖房が良く聞いた部屋にもご注意ください。クーラーバックや保冷剤なども有効活用していただくとより安心です。

商品情報・お店情報について

商品名:あられ屋さんのちょこれえと(スイート)
名称:準チョコレート
原材料名:準チョコレート(砂糖、植物油脂、ココアパウダー、カカオマス、乳糖)、あられ(もち米(国産))、乳化剤、香料、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)
内容量:60g(個包装を含む)
賞味期限:150日
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、28度以下で保存してください。
商品サイズ:約縦32㎝・横17㎝・奥行7㎝

販売者:日天製菓株式会社
住所:愛知県一宮市萩原町西御堂字突田524-2
TEL:0586-69-1112

※詳しい情報は、日天製菓の公式ホームページでご確認ください。

感想

あられにチョコレートをコーティングしたものはたくさんありますが、含侵(がんしん)という特殊な方法であられの中にチョコレートを完全に浸み込ませたタイプは非常に珍しいあられです。独特の食感と風味のハーモニーが新しいティータイムを演出してくれます。

あられのちょこれいとは、ほろ苦さが比較的に少ないので、特にコーヒーや紅茶などにはとてもよくあいます。いろいろな飲み物でベストマッチするものを見つけてみてください。

ちなみにカットした断面は下記のようなイメージです。

あられ屋さんのちょこれいとカット画像

なお、ご紹介のスイート味以外にも「いちご」「カフェタイム」「ホワイト」「抹茶」「きな粉」のラインナップがあります。全種類をコンプリートしてみるもの面白いかもしれません。

風味の感想
甘味
(4.0)
辛味
(2.0)
塩味
(2.0)
酸味
(2.0)
うま味
(2.0)
※基準は個人差があります。
※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※写真やイラストはイメージです。