おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

おかき・あられ・せんべいとお茶の食べ合わせが良い理由とは?

お茶のアイキャッチ画像

普段のおやつの時間に、おかき・あられ・せんべいを食べる際に人気の飲み物はお茶です。最近は、急須がなくても手軽にお茶が飲めるティーバッグやペットボトルがあるので、人気が衰えていない食べ合わせです。

お茶は英語で「tea」と書きますが、「cha(チャ)」という呼び名でも親しまれています。今回は、そのお茶の歴史や栄養素などを絡めて、おかき・あられ・せんべいとの相性の良さに迫りたいと思います。

相性が何故良いかは日本人に親しまれているお菓子と飲み物だからと言ってしまえばそれで終わりかもしれませんが、せっかくなら、相性のよい秘密を垣間見るのも面白いかもしれません。おやつの時間がより有意義なものになればと思い私なりの見解として簡単にまとめてみました。

新茶のイメージ画像

お茶の歴史

日本には、お茶は中国から伝わったとされる説が有名ですが、この分野においては議論は尽きないようです。もともとは、薬としての役割が強いお茶でしたが、やがて飲みものとして利用されていくことになります。

喫茶の文化は、奈良時代に遣唐使らによって伝えられたと言われています。平安時代の書物である『日本後紀』に、当時の天皇である嵯峨天皇にお茶を献上した記録がみられるようです。

お茶の文化が広がるきっかけを作ったと言われているのが臨済宗の開祖と言われる栄西(ようさい)です。茶の種子を中国(宋)から持ち帰って、今の福岡県で栽培を始めたと記されています。栄西が日本で最古のお茶の事典といわれる『喫茶養生記(きっさようじょうき)』という医学書を記したことも、のちの茶の湯の文化に大きく貢献することになります。

その後、室町時代を経て安土桃山時代に活躍した千利休などによって、日本独自の『茶の湯』の世界が、現代に繋がる茶の文化の礎を築くことになります。

お茶の種類と味の要素について

お茶は、摘み取った茶葉をもみながら乾燥をさせて作ります。ちなみに、日本茶と呼ばれるお茶は紅茶やウーロン茶などと同じツバキ科常緑樹の茶葉からつくられています。摘み取った茶葉を発酵させて作るものが紅茶やウーロン茶で、発酵をさせていないものが緑茶になります。

●発酵茶・・・紅茶
●半発酵茶・・・ウーロン茶
●不発酵茶・・・緑茶

緑茶の種類は、煎茶・玉露・抹茶・ほうじ茶・玄米茶などがあります。味の要素には、甘み・酸味・塩味・苦み・うま味の要素があり、五味とも言ったります。基本的には、これらのバランスが美味しさを生み出しています。また、人によって感じ方が異なるため、美味しさの程度は多少なりとも変わってきます。

おかき・あられ・せんべいは、醤油味や塩味をはじめ、山椒風味、七味風味、マヨネーズ味、カレー味などバラエティ豊かな種類の味付けがあります。これらも基本的には五味から構成されているため、同じく好き嫌いや嗜好が分かれるところです。

お茶の成分であるアミノ酸の種類

お茶のアミノ酸は、主にテアニン・グルタミン酸・アルギニン・グルタミン・アスパラギン酸、セリンで構成されています。この中で、テアニングルタミン酸がお茶のうま味に影響を与える成分になります。これらを多く含むお茶が煎茶でいう『一番茶』です。

◎お茶の主なアミノ酸
テアニン・グルタミン酸・アルギニン・グルタミン・アスパラギン酸、セリンなど

おかき・あられ・せんべいと一緒に楽しむ際には、上級煎茶と合わせて楽しんでみるのも良いかもしれません。

お茶の栄養素(カテキン・ビタミンC・β‐カロテン)について

お茶の成分と言ったらカテキンを一番に思い浮かべる人が多いと思います。カテキンは、特にお茶の苦みや渋みをもつ成分です。

カテキンはポリフェノールの一種で、効能として抗酸化作用がとても強いことがあげられます。殺菌作用に加え消臭作用、解毒作用などがあることがわかっています。

また、私が特に注目をしている点は、お茶はビタミンCを含んでいて、一般的なおかき・あられ・せんべいにはない成分として補完的な要素にあげています。海苔に含まれるビタミンCと同様にお茶に含まれているビタミンCも比較的熱に強いことから効率的に摂取できる点が魅力的です。

ビタミンCの効能にも抗酸化作用がありますが、若々しいお肌を保つコラーゲンの生成に欠かせない栄養素でもあり、特に煎茶は他のお茶より豊富な含有量を誇ります。

また、プロビタミンA と呼ばれる脂溶性ビタミンのβ-カロテンも含まれているため、肌にもやさしい成分として摂取することもできます。β-カロテンは、カロテノイドの一種として、体内で必要な時にビタミンAに変わり働いてくれる優れた機能性を持つ成分として注目されています。

100gあたり ビタミンC β‐カロテン
煎茶 260㎎ 13000㎍
玉露 110㎎ 21000㎍
抹茶 60㎎ 29000㎍

お茶の効能は、おかき・あられ・せんべいといったお菓子のみならず、いろいろな食べものとの組み合わせで相乗効果も得ることができます。

緑茶のイメージ画像

おかき・あられ・せんべいとお茶の栄養素の比較について

もうひとつ、おかき・あられ・せんべいとお茶食べ合わせとして理想的な要素はミネラルの補完という点にあります。一般的なおかき・あられ・せんべいと煎茶を例に主なミネラルの数値でわかりやすく比較表をまとめてみました。

◎おかき・あられ・せんべいとお茶のミネラル比較表

100gあたり おかき・あられ せんべい 煎茶
ナトリウム 670㎎ 770㎎ 3㎎
カリウム 150㎎ 130㎎ 2200㎎
カルシウム 15㎎ 13㎎ 450㎎
マグネシウム 34㎎ 24㎎ 200㎎
リン 150㎎ 100㎎ 290㎎
0.5㎎  0.8㎎ 20.0㎎

※一般的なおかき・あられ・せんべいとは醤油味仕上げタイプになります。
※可食部100gは、液体に置き換えると100cc =100mlです。

表の数値を確認してみると、お茶のミネラルがとても豊富なことがはっきりとわかります。塩分(ナトリウム)が比較的多いおかき・あられ・せんべいを食べる際には、お茶のカリウムの含有量はなんといっても魅力的です。

カリウムはナトリウムの排泄を促進して、血圧の上昇を抑える働きがあります。醤油味やサラダ味などの食塩相当量が多い味付けには特にうれしいミネラルです。

お湯に溶け出すお茶の成分量は20~30%程度と限られるとはいえ、水溶性の性質をもつカリウムがもともと多いことは嬉しいことです。

まとめ

おかき・あられ・せんべいとお茶は、日本の独自の食文化が生み出したものです。調べるととても奥が深く相性の良さには神秘的なところさえも感じられます。

お茶にも好みがあるかと思いますが、煎茶(一番茶)は太陽の恵みをたくさん受けているだけあってアミノ酸が豊富でうま味があるのでおすすめです。

おやつは、空腹を満たしたり栄養補給の他にリフレッシュする目的もあります。お茶に含まれるアミノ酸の一種であるテアニンという成分にもリラックス効果が認められています。休憩時間などにおやつタイムで気分転換するには最適な組み合せです。

また、おしゃれなお皿や茶器なども利用して、楽しいおやつの時間を演出することも自体もきっとリフレッシュ効果を高めてくれる秘訣なのかもしれません。

最後までご一読いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※写真やイラストはイメージです