おかき・あられ・せんべいの専門家監修

お茶の栄養成分(カテキン)とダイエット効果とは?|おかき・あられ・せんべいとの関係|Tea & Rice crackers

日本茶の写真

おかき・あられ・せんべいを食べる際に人気の飲み物は、アンケート資料(※1)でも一番が煎茶や緑茶のようです。

急須がなくても手軽に飲めるティーバッグやペットボトルがあるので、現代でも人気は衰えていない組み合わせです。

お茶に含まれるカテキンは、ダイエットにうれしい肥満予防の効果が期待できる成分として注目されています。

今回は、お茶の栄養素の効能効果などを交えて、おかき・あられ・せんべいとの相性の良さに迫ってみました。

お茶の栄養素(カテキン・ビタミンC)について

茶葉の写真

お茶は、英語で「tea」と書きますが、「cha(チャ)」という呼び名でも親しまれています。

太陽と大地の恵みとも言うべき植物が生み出す天然のさまざまな栄養素が含まれています。

お茶の成分と言えば、カテキンを一番に思い浮かべる人が多いかと思います。

今回は、カテキンとビタミンCを主体にご紹介したいと思います。

カテキンのダイエット効果について

カテキンは、お茶の苦みや渋みをもつ成分です。ポリフェノールの一種で、効能としては抗酸化作用がとても強いことがあげられます。

殺菌作用に加えて消臭作用や解毒作用などがあることがわかっていて、「緑茶でうがい」という言葉があるくらい、風邪などへの予防効果も高いことで有名です。

なお、カテキンとカフェインの相乗効果によって、体脂肪の蓄積を抑制する効果があると言われています。

お茶とおかき・あられ・せんべいの食べ合わせは、肥満予防やダイエットに効果が期待できそうです。

ビタミンCの効能効果について

お茶にはビタミンCを豊富に含んでいるため、消化吸収などの代謝の際に発生する活性酸素を減らす働きがあります。

注目すべきは、お茶に含まれているビタミンCは比較的熱に強いことです。カテキンがビタミンCを守っているためだと言われています。

熱々のお茶からも水溶性のビタミンCを効率的に摂取できるのは嬉しいところです。1日4~5杯の煎茶を飲むと、推奨摂取量の3~5割程度を摂ることができます。

お茶の効能は、いろいろな食べものとの組み合わせで相乗効果を得ることができます。おかき・あられ・せんべいには少ない栄養素を補足できるという点においても大変魅力的な組み合わせです。

参考 日本人の食事摂取基準(2020)厚生労働省

お茶とおかき・あられ・せんべいの食べ合わせはカロリーを抑えられる?

お茶とおかき・あられ・せんべいの食べ合わせは効能からみても非常に相性が良いですが、もうひとつ注目すべき点はカロリーを抑えることができる点です。

例えば、①お茶せんべい、②コーラせんべいで比べてみた場合、カロリーの差は約100キロカロリーほどあります。

せんべいは100ℊあたり、緑茶とコーラはコップ一杯(200ml)あたりでの数値です。

①お茶の場合 ②コーラの場合
緑茶 2㎉ コーラ 97㎉
せんべい 373㎉ せんべい 373㎉
合 計 375㎉ 合 計 470㎉

※緑茶は煎茶の数値です。
●参考資料:七訂 食品成分表2020 栄養所大学出版部
●参考資料:早わかりインデックス きほんの食品成分表 主婦の友社

上記のように飲み物のカロリーを抑えることは、糖質を抑えることにも繋がってきます。

ダイエットや糖質を意識する場合は、組み合わせを考えることも大切なポイントかもしれません。

オレンジジュースのイメージ画像せんべいとジュースでは【糖質+糖類】なの?|1日の糖質量から考えてみる|Senbei and Jucie

さいごに:お茶のリラックス効果で素敵なおやつタイムを

日本の茶畑の様子

おかき・あられ・せんべいとお茶は、日本の独自の食文化が生み出したものです。調べるととても奥が深く相性の良さには神秘的なところさえも感じられます。

お茶にも好みがあるかと思いますが、煎茶(一番茶)は太陽の恵みをたくさん受けているだけあってアミノ酸が豊富でうま味があるのでおすすめです。

おかき・あられ・せんべいなどの御菓子は、空腹を満たしたり栄養補給の他にリフレッシュする目的もあります。お茶に含まれるアミノ酸の一種であるテアニンという成分にはリラックス効果があることが認められています。

おしゃれなお皿や茶器などを利用して、見た目にも楽しい時間を過ごすことで、さらにリフレッシュ効果が高まるかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かの参考になれば幸いです。

(※1)アンケート資料:せんべいを食べるときに一緒に飲むもの 約8割が「煎茶・緑茶」@niftyニュース

【参考文献】
●新版 日本茶の図鑑 マイナビ出版
●日本茶のすべてがわかる本 農文協
●緑茶の健康力 栄養書庫(株式会社ニュートリエントライブラリー)
※栄養成分の効能効果などについては個人差があります。
※写真やイラストはイメージです