おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

えびせんべいのカロリーをフライタイプとノンフライタイプで比較した結果は?

えびせんべいの写真

おせんべいのなかで“おつまみ”としても最適なえびせんべい。お子様から大人まで幅広く人気のあるお菓子です。

海老を生地に混ぜているものから、まるごと海老で作った姿焼きなど様々なえびせんべいがあります。

しかし、えびせんべいはカロリーが高いのでは?油をたくさん使っているのでは?という疑問を解消するために、フライタイプとノンフライタイプの2種類の栄養成分表示の数値を比較してみましした。

なお、海老は漢字で、えびせんべいはひらがなで区別してわかりやすく表記しています。

えびせんべいのカロリーと作り方の違い

海老を使ったおせんべいはたくさんありますが、ここでは実際に弊社で扱っている2種類のえびせんべいの数値を例にご紹介します。

今回、参考にしたのは油で揚げるフライタイプの「えびせんべい」と、鉄板で焼いて作るノンフライタイプの「えびせん(磯あみ)」です。

2つのタイプのえびせんべいを写真に撮っておきましたので、まずはなんとなくでも見た目の違いや雰囲気などを感じていただければと思います。左側がフライタイプ。右側がノンフライタイプです。

2種類のえびせんべい

フライタイプのえびせんべいのカロリーと作り方(写真左)

フライタイプのえびせんべいは、100gあたり478キロカロリーです。脂質は19.6グラム、糖質は70.9グラム、塩分は1.91グラムです。

基本的な作り方は、馬鈴薯澱粉に海老やイカ、アオサなどの素材を混ぜあわせて生地を作ります。生地を成型したあと、高温の植物油でカラッと揚げて調味料などで味付けしたら出来上がりです。

フライタイプのえびせんべいは、おつまみとしての用途が多いこともあって、いろいろな味付けがあってバリエーションに富んでいるのが特徴です。

ノンフライタイプのえびせんべいのカロリーと作り方(写真右)

ノンフライタイプのえびせんべいは、100gあたり394キロカロリーです。脂質は4.6グラム、糖質は86.0グラム、塩分は1.73グラムです。

作り方は、同じく馬鈴薯澱粉に海老や海苔などの素材を混ぜて生地を作ります。そして、熱々の鉄板でしっかりと焼き上げたら出来上がりです。

ノンフライタイプのえびせんべいは、海老の香りとうま味がダイレクトに広がる感覚を存分に楽しむことができます。

2種類のえびせんべいの栄養成分表示を一覧表で比較

2種類のえびせんべいのカロリー・糖質・脂質・塩分などは下記の通りです。なお、比較しやすいように100gあたりの数値に算出して一覧表を作成してみましたので、参考にしていただければと思います。

カロリーは、たんぱく質・脂質・炭水化物の熱量の合計値です。糖質は炭水化物、塩分は食塩相当量でご確認ください。

栄養成分表示(100gあたり)推定値

項目 えびせんべい
(フライ)
えびせんべい
(ノンフライ)
エネルギー 478㎉ 394㎉
たんぱく質 4.5g 2.2g
脂質 19.6g 4.6g
炭水化物 70.9g 86.0g
食塩相当量 1.91g 1.73g

※表示値は目安です。
●参考資料:フライタイプ(えびせん)、ノンフライタイプ(えびせん磯あみ)|(株)三喜屋

数値を比較した結果について

えびせんべいは大きく分けるとフライタイプとノンフライタイプの2種類に分類することができます。
もちろん、最も大きな違いは1gで9キロカロリーのエネルギーを生み出す脂質の量にあります。

2つのタイプの比較においては、脂質量には約4倍の差が見られました。脂質は三大栄養素のなかでも最もエネルギー(熱量)が高いため、おのずとカロリーの数値にも反映されてしまいます。

この仕組みを知ることで、1日のおやつの目安をカロリーで調節しやすくなるかと思います。もし、ダイエットを意識される場合はフライタイプよりノンフライタイプの方が良いかもしれません。

原材料に含まれる海老の種類、大きさ、量、味付けなどによって実際には商品ごとに数値は異なってきます。お好みのタイプを適量に調整して美味しく召し上がっていただければと思います。

今回の比較は一例ですので、参考程度に捉えていただければと思います。実際には商品パッケージに記載されている栄養成分表示の数値を参考にしてみてください。

豆知識
油で揚げることでサクッとした食感に仕上がります。これは水と油の交換現象をうまく利用しているためです。


海老に含まれる栄養素について

海老の代表的な栄養素はたんぱく質です。また、海の生物ならではの恵みと言うべきミネラルが豊富な点も魅力です。主にカリウムやカルシウム、マグネシウムなどが含まれています。

また、海老特有の成分といえば『アスタキサンチン』になるかと思います。鮭(サーモン)の身がピンク色をしているのは、赤い色素であるアスタキサンチンを豊富に含む海老を食べていることが関係しています。

アスタキサンチンは、カロテノイド系の色素で強い抗酸化作用があります。脂肪に溶ける性質をもつため、悪玉コレステロールの酸化を抑える働きがあります。また、目の網膜の健康を守る働きにも効果的ということでサプリメントなどにも利用されています。

海老は、高たんぱく低脂肪なため、主原料の澱粉(炭水化物)との相性もバランス的になかなかのものです。栄養素を補完しあえる理にかなったお菓子とも言えます。

まとめ

海老の種類は多く、大きな海老から小さな海老までいろいろな種類がありますが、小さな海老のメリットは、栄養素をまるごといただくことができるという点にあるかと思います。

小さな海老にもしっかりと海の恵みが含まれています。おせんべいなどの生地に混ぜて使うことが多いため、そこまで割合は多くはありませんが、それでも体にうれしい素材のひとつです。

お茶をはじめ、お酒やビールなどに最適なえびせんべいは、おやつにもおつまみにも愛用されている身近なお菓子ではないでしょうか。

最近は、洋風なえびせんべいも登場していて多種多様な味を楽しむことができます。ぜひ、店頭で見かけた際は試していただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

※栄養成分の効能効果については個人差があります。
※写真やイラストはイメージです。