おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

海苔せんべいは健康的でヘルシーなお菓子?!|5種類の商品で徹底比較!

海苔せんべい(アイキャッチ画像)

海苔は古くから日本の食生活には欠かせない食品です。栄養素や機能性成分においても魅力的な素材です。

そこで、海苔せんべいはヘルシーなのかな?糖質制限にも向いているのかな?などの疑問を解消すべく検証することにしました。きっとカロリーと糖質に着目すれば答えがわかるかもしれません。

海苔せんべいのカロリーと糖質について

海苔せんべいは、実際に販売されている草加せんべいに海苔を貼り合わせたタイプを参考にしています。

海苔せんべいの1枚(約20g)あたりのカロリーは、63キロカロリーです。糖質は13.7グラムです。

カロリーは、たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)の熱量の合計値です。糖質は炭水化物、塩分は食塩相当量で示されています。

たんぱく質と炭水化物(糖質)は1gあたり4キロカロリー、脂質は1gあたり9キロカロリーのエネルギーを生み出します。

なお、一覧表では出来るだけわかりやすくするために、すべて100gあたりに換算して比較させていただいています。ほんの一例ですが、数値の目安として参考にしていただければと思います。

※ここでは、食物繊維は考慮せずに考えています。

海苔せんべい・海苔巻あられ・海苔巻おかきを写真で比較

参考にした商品を撮影しておきましたので、先に違いを見比べていただければと思います。左から海苔せんべい、のり巻あられ、海苔巻おかきです。

海苔巻き3種類の画像

栄養成分表示(100gあたり)推定値

種 類 海苔
せんべい
のり巻
あられ
海苔巻
おかき
エネルギー 315㎉ 374㎉ 357㎉
たんぱく質 7.9g 12.3g 8.0g
脂質 1.0g 0.5g 0.0g
炭水化物 68.4g 80.2g 81.2g
食塩相当量 0.9g 1.6g 2.3g

●参考資料:草加せんべい(海苔) ㈱山香煎餅本舗|のり巻あられ(芝巻)㈱山盛堂本舗|海苔巻おかき ㈱三喜屋

それぞれ大きさや形に加えて、使われる海苔の量などには違いがありますが、ここでは海苔せんべいのカロリーが最も低く、糖質(炭水化物)の量も一番少ないという結果になりました。同じ種類のなかにおいては、海苔せんべいは低糖質と言えるかもしれません。

では、違う種類で比べるとどうなるのかが気になりましたので、ごませんべいとみそせんべいとも比較してみました。

海苔せんべい・ごませんべい・みそせんべいを写真で比較

ごませんべい・みそせんべいにおいても100gあたりの数値を基準にして比較しています。生地ごとの性質で膨らみ方は微妙に異なりますが、大きさはすべて直径9センチ、重さ20グラムです。

こちらも写真を撮影しておきましたので、先にイメージとして参考にしていただければと思います。左から海苔せんべい・ごませんべい・みそせんべいです。

せんべい3種の画像

栄養成分表示(100gあたり)推定値

種 類 海苔
せんべい
ごま
せんべい
みそ
せんべい
エネルギー 315㎉ 355㎉ 353㎉
たんぱく質 7.9g 8.3g 6.3g
脂質 1.0g 9.9g 1.4g
炭水化物 68.4g 57.6g 75.5g
食塩相当量 0.9g 1.4g 1.8g

●参考資料:草加せんべい(海苔)、草加せんべい(ごま)、草加せんべい(みそ)| ㈱山香煎餅本舗

違う種類と比較をしてみてもカロリーにおいては海苔せんべいが一番低い結果となりました。しかし、糖質(炭水化物)はごませんべいが最も低い値となりました。

では、どうして比較したなかで、ごませんべいのカロリーが一番高いの?ということになりますが、理由はごまに含まれる脂質(油分)が多いためカロリーの値が高くなっているのです。

こうしていろいろと比較することで、それぞれの素材によって個性ともいうべき数値の違いが見て取れ、実に興味深く面白いものです。

豆知識
海苔は「海の牛肉」と呼ばれ大豆をしのぐほどの豊富なたんぱく質を含んでいます。



海苔はせんべいに巻くの?貼り合わせるの?

おかき・あられ・せんべいに使用する海苔は、基本的には焼き海苔を使います。海苔せんべいは、「海苔を巻く」もしくは「海苔を貼り合わせる」といった表現を使うことが多いかと思います。海苔を巻いている方を『海苔巻きせんべい』と呼んだりもします。

海苔には、おせんべいとの相性があります。弾力のあるしなやかなタイプは巻き上げるのに適していますが、ハリとコシのあるタイプは貼り合わせることが多いかもしれません。

巻くか貼り合わせるかは、製造方法などの都合もありますが、焼き海苔自体が高価であることが多いため、できるだけ効率化を図りコストをかけない工夫をしています。

海苔せんべいに使う焼き海苔の栄養素は?

焼き海苔には、β‐カロテンやビタミンCなどのビタミンが、ミネラルにはカルシウムやカリウム、鉄などを豊富に含んでいます。また、たんぱく質や食物繊維が多いのも魅力です。

とくに水溶性食物繊維は糖質による血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる効果が期待できるため、おせんべいの種類に迷ったときはおすすめです。

なお、海苔の栄養素については別の記事にて解説していますので、ご興味がございましたらご覧ください。

焼海苔のアイキャッチ画像焼き海苔の栄養素と健康について|おかき・あられ・せんべいとの素材編

まとめ

海苔せんべいのカロリーは同じ種類であっても違う種類であっても、最も低い数値が見て取れました。実際にはもっとたくさんの商品があり、使用している素材や調味料などによって数値は異なりますが、なんとなくイメージを掴んでいただけたかと思います。

おやつの目安は200キロカロリーということを前提にすると、海苔せんべいは1日2~3枚程度が理想かもしれません。糖質制限やダイエットを意識しておられる方は、飲み物なども考慮して調整していただければと思います。

最近は、健康を考えたヘルシーなおせんべいもいろいろと発売されています。ぜひ、お好みのおせんべいを見つけていただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

※栄養素の効能効果については個人差があります。
※写真やイラストはイメージです。