おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

【山香煎餅本舗】おこげ煎餅|無添加仕上げの天然出汁醤油のうま味が決め手のおせんべい!

おこげ煎餅のアイキャッチ画像

埼玉県にある草加市といえば、言わずと知れた『草加せんべい』の発祥の地とされる日本を代表する町です。

江戸時代、日光街道にあった草加は人々が行き交う場所で、茶店や物売りなどのお店がたくさんと軒を並べるにぎわいのある宿場町でした。いまでもいろいろな種類の草加せんべいを売るお店が何軒もあります。

今回は、その埼玉県草加市にある山香煎餅本舗さんの『おこげ煎餅』の魅力に迫りたいと思います。

おこげ煎餅の特徴について

国産うるち米100%使用をした「こんがり、焼おにぎりの香ばしさ」とうたわれたおこげ煎餅は、専用の大きな釜で炊き上げられたご飯を、相性のよい “米油” でカラッと揚げたおせんべいです。見た目の粒々感に加え、ほんのりと香ばしいお醤油がなんとも香りです。

サイズは手のひらくらいの大きさで、直径が約8.5センチ程度。お米のつぶつぶとした食感を活かした、サクサクとしたほどよい食感に仕上げられています。

硬めのタイプのおせんべいが苦手な方でも意外と食べやすく、米油を使用しているため胃もたれや油酔いがしにくいのもうれしいポイントのひとつです。

おこげ煎餅の画像

原材料について

味付けは醤油味ベースですが、意外とあっさりとした濃さに仕上がっていると感じました。使われている原材料の内容を見てみるとシンプルな構成です。あえて化学調味料を使わずに出汁(だし)などを混ぜた特製の醤油で味付けされています。

【原材料】
うるち米(国産)、米油、醤油、砂糖、たまり醤油、みりん、昆布、鰹削り節(原材料の一部に小麦・大豆を含む)

工場見学にもお邪魔した観点から、おこげ煎餅の素晴らしさをあげるとすると、天然の出汁をつかった自家製の醤油がおいしさの秘密を握っています。

北海道日高地方の昆布を鹿児島県産の鰹節を使用しています。天然のうま味成分と言われるグルタミン酸とイノシン酸の恩恵を存分に享受している醤油が美味しさの秘密です。

素材である原材料がシンプルということは、アレンジがしやすく、その他の食材とも相性がよいとも言えます。例えば、おこげ煎餅を適当な大きさに割ってお茶漬けにしてもいいですし、アツアツのあんかけをかけても美味しく食べることができます。

以前はフレンチ料理とコラボを試みたこともあるというだけあって、料理研究家の方々にも愛用されているようです。ぜひ、いろいろな楽しみ方を見つけていただければと思います。

栄養成分表示(カロリー・糖質・塩分)について

商品名:おこげせんべい
内容量:120g
賞味期限:120日
ケース入数:12袋
販売価格:オープン価格

カロリーはたんぱく質・脂質・炭水化物の熱量の合計値です。糖質は炭水化物、塩分は食塩相当量で示されています。

栄養成分表示 1袋(120g)あたり
〇エネルギー 498kcal
〇たんぱく質 6.4g
〇脂質 16.7g
〇炭水化物 76.1g
〇食塩相当量 1.1g
※推定値

米油(米糠油)の栄養素と効能について

米油(こめあぶら)とは、玄米の状態から精米を施す際に出る米糠(こめぬか)と胚芽(はいが)から採取される植物油です。別名で米糠油(こめぬかあぶら)とも言います。主な成分としては、オレイン酸とリノール酸などで構成されています。

米油は、ほとんどが国産原料から作られる植物油で、油には独特の風味とコクがあり、米菓には最適な油として広く使用されています。もともとがお米由来なので、非常に相性のよい組み合わせなのです。

米油のイメージ画像

おせんべいに米油を使用するのには理由があります。それは何と言ってもクセがなくあっさりとしていて酸化安定性がよいからです。つまり酸化がしにくい分だけ品質維持に大きな役割を果たしてくれます。食べ物の美味しさを引き立て、そして風味を保ってくれる大変ありがたい油なのです。

栄養価としては、スーパービタミンEとも言われるトコトリエノールを豊富に含み、抗酸化作用の働きがとても強い特徴もあります。また、悪玉コレステロールの低下にも効果がある植物ステロールが豊富な油なのです。

※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。また、効果には個人差があります。適量でバランスのよい摂取を心がけてください。

お店の情報

店 名:草加せんべいの庭
会社名:株式会社山香煎餅本舗
住 所:〒340-0052 埼玉県草加市金明町790-2
アクセス:東武スカイツリーライン新田駅より徒歩約10分
TEL:048-942-1000

※詳しい情報は、山香煎餅本舗の公式ホームページをご覧ください。

感想

お米の本来の味を引き出すことはとても奥が深く、職人さんたちにとっては永遠のテーマです。それを見事に叶えてくれているのが、山香煎餅本舗さんの『おこげ煎餅』です。

油で揚げているにもかかわらず、それをあまり感じさせないくらいにまとまっていて、うま味のあるしょうゆ味がほんとうに美味しいと感じました。パリパリと食べていて、どこか田舎の風景を彷彿させるようなお米のお菓子です。

発売されてから約20年ほど経ちますが、今でも “知る人ぞ知る” 人気のおせんべいと言っても過言ではありません。

おせんべいは、歴史も古く日本を代表するおやつでもあります。いつまでもおせんべいが心も体も幸せにしてくれるお菓子であってほしいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事がほんの少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

風味の感想
甘味
(2.0)
辛味
(3.0)
塩味
(3.0)
酸味
(2.0)
うま味
(4.0)
※基準は個人差があります。
※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※写真やイラストはイメージです。