ファイトケミカルはアンチエイジングにも?|おかき・あられ・せんべい編

野菜果物のイメージ画像

昨今、第7の栄養素として注目されているのが『ファイトケミカル(Phytochemical)』です。ファイト(Phyto)は、ギリシャ語で植物、ケミカル(Chemical)は化学物質を意味します。直訳すると『植物に由来する化学成分』です。フィトケミカルと呼ぶ場合もあります。

ファイトケミカルは必須栄養素ではありませんが、体にさまざまな影響を与えてくれる機能性成分として注目されています。また、アンチエイジング効果にも大きく関係しているようです。

今回はファイトケミカルの効能効果とおかき・あられ・せんべいとの関係性を簡単にまとめてみました。

ファイトケミカルについて

私たちの食べ物には、さまざまな栄養成分が含まれています。3大栄養素である、たんぱく質・脂質・炭水化物。第4・第5の栄養素であるビタミン・ミネラルについで、第6の栄養素と言われているのが食物繊維。そして、第7の栄養素として注目されているのがファイトケミカルです。

●7大栄養素:たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカル

植物である野菜、果物、穀類、豆類、芋類、海藻、お茶、ハーブなどに多く含まれています。主なものとしては、カロテノイド、フラボノイド、ポリフェノール、カテキンなどです。どれかは普段の生活のなかでも聞いたことがあるかと思います。

植物自身が外部環境(太陽からの紫外線や空気や水の中にある有害物質、植物を食べる昆虫など)から身を守るために作り出された物質で、色素や香り、辛み、苦みなどの成分なのです。

厳しい自然の中で生き抜いていくために長い年月をかけて独自の術を生み出した植物がもつ秘密の力といった感じでしょうか。最近は、アンチエイジング効果が期待できるということもあって、この秘密の力を解明しようという動きが広がっています。

ファイトケミカルの種類について

ファイトケミカルの種類は、なんと数千から数万にのぼると言われています。また、ひとつの植物だけでも約数十から数百種類ほどが存在するとも言われています。成分に関しては、大きく分けると次の5つに分類されています。

○ポリフェノール類・・・アントシアニン、イソフラボン、カテキンなど

○カロテノイド類・・・β‐カロテン、リコピン、ルテインなど
○テルペン類(香気成分)・・・リモネン、ジテルペン、メントールなど
○硫黄化合物・・・アリシン、イソチオシアネートなど
○多糖類・・・β‐グルカン、イヌリン、フコイダンなど

聞いたことのある成分の名前もあると思いますが、何となく色でイメージするとわかりやすいかもしれません。

おかき・あられ・せんべいに使用されている素材そのものにファイトケミカルが含まれているものがあります。代表的なものを幾つかを例にあげてみました

●リコピン・・・トマトあられ
●カプサイシン・・・七味おかき
●β‐カロテン・・・野菜(にんじん)せんべい
●フラボノイド・・・レモンおかき
●ケルセチン・・・玉ねぎせんべい
●カテキン・・・緑茶せんべい
●イソフラボン・・・きなこあられ
●アントシアニン・・・黒豆おかき
●ルテイン・・・ほうれん草せんべい
●アリシン・・・にんにくせんべい
●アリルイソチオシアネート・・・わさびおかき
●セサミン・・・ごませんべい
●ショウガオール・・・生姜せんべい
●タンニン・・・ごぼうおかき
●ルチン・・・そばせんべい
●ゼアキサンチン・・・とうもろこしせんべい
●ロズマリン酸・・・しそせんべい
●フコイダン・・・こんぶおかき

普段は何気なくいただいているお菓子ですが、ファイトケミカルの恵みを間接的にいただいているということにもなります。おかき・あられ・せんべいでも目に見えないところでアンチエイジング効果が働いているのかもしれません。

※ここでのせんべいは、小麦粉や澱粉などが主原料となるせんべいも含まれています。

緑黄色野菜のイメージ画像

ファイトケミカルの機能性はアンチエイジングにも?

機能性成分は、体の各機能(免疫系・内分泌系・神経系・循環系・消化系)を調節して体調を整えることで、病気を予防する効果が認められた成分です。

ファイトケミカルのもっとも注目されている機能が強力な抗酸化作用だと言われています。活性酸素などの攻撃から細胞を守る抗酸化作用が働き、ガンや動脈硬化、血管障害などの生活習慣病の予防に有効と言われています。また、老化の防止にも役立つためアンチエイジング効果にも期待されています。

主にアンチエイジング効果は下記の5種類の栄養素が含まれる食べ物が挙げられることが多いです。

ビタミンC・・・果物(レモン、イチゴなど)、緑黄色野菜(ブロッコリーなど)
ビタミンE・・・種実類(ピーナッツ、アーモンドなど)、植物油(米糠油など)
ミネラル類・・・海藻類(海苔、ワカメなど)、発酵食品(納豆など)
カロテノイド・・・緑黄色野菜(パプリカ、トマトなど)、果物(ミカンなど)
ポリフェノール・・・果物(ブルーベリーなど)、豆類(黒大豆など)

但し、ファイトケミカルのなかには、じゃがいもの芽や皮に含まれるソラニンなどは、腹痛などの中毒症状を起こすものもあります。このようにすべての成分が体に良いというわけでなく、ファイトケミカルだけに限らず、きちんとした知識のもと、自分にあったものをバランスよく食べることが必要です。不安な方は、管理栄養士などの専門家に相談するのも良いかもしれません。

さいごに

私は、ワインに含まれるポリフェノールについて調べているうちに、ファイトケミカルという言葉に出会いました。そこで、栄養学についてのさまざまな本を読んでいるうちにファイトケミカルが、おかき・あられ・せんべいにも関係があることがわかり大変興味を持ちました。

緑茶に含まれるカテキンには、抗酸化作用、殺菌作用、血糖の上昇を抑制する作用などがあることがわかっています。炭水化物(糖質)を多く含むおかき・あられ・せんべいとの食べ合わせが好まれる背景にも、こういったうれしい理由があったりします。

ただし、現代においても発見されていない成分や機能もまだまだたくさんあり、明らかになっていない部分が多く、専門家によって研究が進んでいます。そのため、消化吸収などの個人差によって効果があるかどうかは体質によって違うとも言われています。

時代とともに必要とされる表示項目はどんどんと増えています。栄養成分表示のように、いつかはファイトケミカルについての機能も明らかになり、商品パッケージなどに記載されるようになるのかもしれません。

そうなれば、今よりももっと美味しいおやつタイムを過ごすことができるようになるのではと胸に期待が膨らみます。

※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※写真やイラストはイメージです。