山椒おかきのカロリー・糖質・塩分について|辛味成分のサンショオールの効能とは?|Japanese pepper

山椒おかき・あられの写真

ジャパニーズペッパーと呼ばれる『山椒(サンショウ)』は、古くから日本で使われてきた調味料です。ピリリとした刺激と芳醇な香りで、おかき・あられでも人気の定番素材です。

今回は、「山椒おかきのカロリーはどれくらい?」といった質問に加えて、「どうしてピリリと辛いの?」といった疑問も解消すべく記事にまとめてみました。

実際に弊社が百貨店や高級スーパーなどで販売いただいている商品の数値を例にしているので、参考になるかと思います。

健胃作用がある山椒は古く縄文時代頃から調味料として役割を果たしてきた日本人と深い関係の香辛料(薬草)です。

山椒おかきのカロリー・糖質・塩分などについて

山椒おかきのカロリーは、100gあたり376キロカロリーです。また、糖質は、87.8グラムで、塩分は1.3グラムです。

なお、数値を分かりやすく比較できるように醤油おかきの栄養成分表示をあわせて一覧表を作成してみました。

カロリー(kcal)は、たんぱく質・脂質・炭水化物の熱量の合計値です。糖質は炭水化物、塩分は食塩相当量でご確認ください。

栄養成分表示(100gあたり)

項目山椒おかき醤油おかき
エネルギー376㎉368㎉
たんぱく質6.2g4.6g
脂質0.0g0.0g
炭水化物87.8g87.4g
食塩相当量1.3g2.2g

※表示値は推定値です。

数値を比べてみると大きな差はみられませんが、きっと食べ比べてみると山椒おかきの方が塩分が少ないのに辛いと感じる人が多いと思います。

それは、山椒がもつ独特の成分が舌を刺激する作用をもっているからです。よく塩分を摂りすぎないように、スパイスを使いましょうと料理研究家の先生たちが言っておられるのはこの性質を上手に使っているためです。

山椒おかきの辛味成分と特徴について

山椒粉のイメージ画像

山椒は古くから日本に生息しており、日当たりがよく肥沃な土壌で育つと言われています。ミカン科サンショウ属の植物で、縄文時代の遺跡から出土した土器から “サンショウ” の果実が発見されています。

山椒の辛みはサンショオールという成分によるものです。舌がしびれるような刺激があり、柑橘系の清冽な芳香が特徴です。

抗菌や殺菌効果、防腐作用などを持っており、昔から食糧の保存などにも用いられてきました。効能としては、健胃作用により食欲を高め身体の新陳代謝を活発にするといった働きがあることも研究で分かっています。

香りにはシトロネラールといった成分が含まれており、フルーツフレーバーや石鹸、アロマなどにも利用されています。 気になる栄養素は、特に鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラルを多く含みます。

山椒の栄養成分表(可食部100gあたり)

種類数値
ナトリウム10㎎
カリウム1700㎎
カルシウム750㎎
マグネシウム100㎎
10.1㎎

●参考資料:粉山椒|七訂 食品成分表2020 女子栄養大学出版部

ほうれんそう(生)の鉄分の含有量が100ℊあたり2.0㎎なので、粉山椒の鉄分量10.1㎎はとても魅力的です。植物性食品に含まれる鉄分(非ヘム鉄)の吸収率を高めるビタミンCが入った飲み物と合わせるのがおすすめです。

 

ひとこと

伝統的な香辛料である山椒は、日本の食文化を築いてきました。今では、七味唐辛子の原料としてや、うなぎの蒲焼、佃煮、ちりめんざんしょうなどにはなくてはならない役割を担っています。

刺激的な味わいは、リフレッシュ効果は抜群です。ぜひ、山椒のおかき・あられを存分に楽しんでいただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かの参考になれば幸いです。

参考資料:縄文時代の食―上里遺跡の調査から―(公財)京都市埋蔵文化財研究所・京都市考古資料館

※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※写真やイラストはイメージです。