おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

ごまの栄養素と効能効果について|おかき・あられ・せんべいの素材編

胡麻おかきのアイキャッチ画像

ごま(胡麻)は、おかき・あられ・せんべいの生地に混ぜる素材としてもよく利用されています。

ごまには、抗酸化作用のあるゴマリグナン(セサミン)を含んでいる点でもうれしいところです。

今回は、おかき・あられ・せんべいとの関係について主な栄養素や機能性成分の紹介を交えてまとめてみました。

ごまの種類について

ごまの種類は、種皮の色で大きく分けると白ごま黒ごま金ごまに分類されます。おかき・あられ・せんべいに比較的よく利用されているのは、黒ごまと白ごまになります。

ごまは栄養価が高いという魅力もあり、お米や素材との相性を活かして各メーカーが上手く使い分けています。なかには、有名メーカーの岩塚製菓さんの『もち麦とごませんべい』のように、黒ごまと金ごまを使った商品もあります。

こんがり焼き上げたおせんべいに入った黒ごまの香ばしさは何とも言えない美味しさです。また、両方を混ぜて風味をより引き立たたせているものもあります。

ごま入りのおかき・あられ・せんべいは健康にいいの?

ごまは古くから薬膳などに利用されている種実類のひとつです。ビタミンやミネラルのみならず、良質な脂質(油)を豊富に含んでいることから健康にも良いと言われいます。

ごまに含まれる油には、抗酸化作用のある成分を含むため酸化や熱に強い性質をもっています。生食でも加熱しても効能があるため万能油として古くからよく利用されています。

ごませんべいのカロリーと脂質について

「ごませんべいは太るのでは?」と言われるのは、ごまに含まれている脂質量の分だけカロリーの値が、一般的なせんべいより高くなるのが主な理由です。しかし、太るか太らないかは食べる量によるところが大きいかもしれません。

実際に販売されている商品の1枚あたりの数値を例にすると、ごませんべいのカロリーは71.0キロカロリーです。脂質は1.98グラムとなります。

今回の数値の参考したごませんべいの写真を撮ってみましたので、イメージの参考にして頂ければ幸いです。大きさは直径約9センチで膨らみを考慮すると厚みが約1センチの高級な草加せんべいです。

ごませんべいの画像

栄養成分表示(1枚あたり)推定値

種 類 エネルギー 脂質
ごませんべい 71.0㎉ 1.98g
しょうゆせんべい 62.8㎉ 0.15g

●参考資料:しょうゆせんべい、ごませんべいの商品情報より|(株)山香煎餅本舗

ごまに含まれる栄養成分の効能効果について

ごまには特有の抗酸化物質である『ゴマリグナン』を含んでいて、脂質の酸化を防ぐ作用が高いことでも有名です。

ゴマリグナンの主な成分はセサミン、セサミノール、セサモリンなどです。そのなかで最も多く含まれるセサミンは健康食品やサプリメントにも利用されています。

セサミンは、肝機能の改善や強化などに効果があるとされています。そのため、アルコールの分解にも一役買ってくれるので、お酒をよく飲む人には特にうれしい成分と言えます。

また、抗酸化作用においては、セサモリンが過熱されると「セサモール」という成分に変化することで、より一層強い効果が得られると言われています。そのため、おかき・あられ・せんべいの生地と一緒に焼き上げられたごまにも多少なりとも効果が期待できそうです。

ごまに含まれる脂質(脂肪酸)について

ごまの約半分が脂質で占められています。ごまをあらかじめ焙煎してから、圧搾して抽出されたものがごま油です。主に必須脂肪酸と呼ばれるリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸で構成されています。

ごまに含まれる脂肪酸の構成割合

種類 比率
リノール酸 約44%
オレイン酸 約40%
パルミチン酸 約9%
その他 約7%

※参考資料:脂肪酸成分表 第2表|七訂 食品成分表2020|女子栄養大学出版部

リノール酸は、多価不飽和脂肪酸(オメガ6)に分類され、悪玉コレステロールを減らしてくれるため、動脈硬化などの予防に有効とされています。ただし、摂りすぎは逆効果になってしまうため注意が必要です。

また、オレイン酸は、一価不飽和脂肪酸(オメガ9)に分類されます。酸化に強い特性があり、悪玉コレステロールを減らす効果があります。動脈硬化や血圧を下げるなどの生活習慣病の予防にも有効とされています。オレイン酸は、特にオリーブオイルに多く含まれています。

脂質のアイキャッチ画像脂質(脂肪酸)の種類と効能効果について|オメガ6やオメガ3などの必須脂肪酸とは?

まとめ

ごまを使ったおかき・あられ・せんべいは、古くから安定した人気があります。ごまの性質がお米に合うということなのですが、ごまの香りや油分がお米の美味しさをより一層引き立ててくれます。

健康食品などにも利用されるごまは、おかき・あられ・せんべいの原材料としても申し分のない素材です。

なお、黒ごまの種皮には、ポリフェノールの一種である『アントシアニン』を含むため、免疫力強化や滋養強壮といった効果も期待できます。

ぜひ、おやつタイムには、ごまを使ったおかき・あられ・せんべいも取り入れていただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

※栄養成分の効能効果には個人差があります。
※写真やイラストはイメージです。