おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

おかき・あられ・せんべいとビタミン・ミネラルの関係について|Vitamins and minerals

ビタミンとミネラルを含む食品のイメージ画像

おかき・あられ・せんべいに含まれるたんぱく質・脂質・炭水化物の消化吸収や代謝をサポートするために欠かせないビタミンとミネラル。私たちの生命維持活動には必要不可欠な栄養素です。

今回は、ビタミンとミネラルの働きや効能などを交えて、「おかき・あられ・せんべいは体に良い」と言える理由にも迫ってみたいと思います。

ビタミン(Vitamin)の働きと役割について

ビタミン(Vitamin)はエネルギー源にはなりませんが、代謝を促進したり体の生理機能を調整する有機化合物です。体内では合成できないものと合成できるものがありますが、基本的には食品から摂取する必要があります。

ビタミンの語源は、ラテン語の「ビタ(生命)」に由来します。全部で13種類のビタミンは、2つに分類されています。脂(あぶら)に溶ける『脂溶性ビタミン』と水に溶ける『水溶性ビタミン』です。

おかき・あられ・せんべいの原材料であるお米(もち米・うるち米)には、ビタミンはいくらか含まれていますが、精米して利用するため栄養素が少なくなってしまっています。そのため、食べ合わせなどでビタミンを補う必要があると考えています。

ビタミンの種類と主な働きについては下記の通りです。働きについてはここではあえてわかりやすくするため代表的なものを1つだけあげています。

脂溶性ビタミンの種類と働き

  • ビタミンA・・・成長の促進
  • ビタミンD・・・骨代謝
  • ビタミンE・・・抗酸化作用
  • ビタミンK・・・血液凝固作用

水溶性ビタミンの種類と働き

  • ビタミンB1・・・糖質の代謝
  • ビタミンB2・・・酸化還元
  • ビタミンB6・・・脂質の代謝
  • ビタミンB12・・赤血球の生成
  • 葉酸・・・・・・・DNAの合成
  • ビオチン・・・・・脂肪酸の合成
  • ナイアシン・・・・脱水素反応
  • パントテン酸・・・脂質の代謝
  • ビタミンC・・・・コラーゲンの合成

●参考資料:よくわかる栄養学の基本としくみ 中屋豊 秀和システム

ミネラル(Mineral)の働きと役割について

ミネラル(Mineral)は、骨や歯、ヘモグロビンなどの生体組織を構成する成分として重要な無機質です。また、さまざまな生体機能を調節する働きをもっています。

必須ミネラルは大きくわけると『主要(多量)ミネラル』と『微量ミネラル』に分かれます。

厚生労働省の日本人の食事摂取基準によると必要量が100mg以上のものを主要ミネラル、必要量が100mg以下のものを微量ミネラルに分類されています。

ミネラルは体内で作ることができないため、とくに必須ミネラルは意識して摂ることが大切です。

ミネラルの種類と主な働きは下記の通りです。働きについてはここではあえてわかりやすくするため代表的なものを1つだけあげています。

主要ミネラルの種類と働き

  • カルシウム(Ca)・・・骨や歯の形成
  • リン(P)・・・・・・・骨や歯の形成
  • カリウム(K)・・・・・浸透圧の維持
  • ナトリウム(Na)・・・浸透圧の維持
  • マグネシウム(Mg)・・骨や歯の形成

微量ミネラルの種類と働き

  • 鉄(Fe)・・・・・酸素の運搬
  • 亜鉛(Zn)・・・・酵素の構成成分
  • 銅(Cu)・・・・・酵素の構成成分
  • ヨウ素(I)・・・・甲状腺ホルモンの構成成分
  • マンガン(Mn)・・酵素の構成成分
  • セレン(Se)・・・酵素の構成成分
  • クロム(Cr)・・・インスリン作用の増強
  • モリデブン(Mo)・酵素の構成成分

●参考資料:栄養科学イラストレイテッド 基礎栄養学 第4版 羊土社

レモンと紅茶のイメージ画像

おかき・あられ・せんべいとビタミン・ミネラルの関係

おかき・あられ・せんべいに含まれる三大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)のなかでは、炭水化物(糖質)が最も多く占めています。

糖質は体内で代謝によってエネルギーとなりますが、その代謝の過程において補酵素としての役割があるビタミンB群が必要となります。そのため、できるだけ合わせて摂取しておきたいところです。

一般的なしょうゆ味のおかき・あられ・せんべいには、ミネラルは多少なりとも含まれていますが、ビタミンにおいてはほとんど含まれていません。

精米したお米を原材料につくるため、その他の穀類・豆類・種実類・藻類・野菜類などの素材や調味料などを取り入れ、ビタミンやミネラルを補う必要があったと考えることができます。

おかき・あられ・せんべいは、古くは保存食として貴重な栄養源でした。今日までに、さまざまな素材を多種多様に組み合わせたものが次々と生まれてきました。先人の知恵と工夫が今の時代にも受け継がれている日本を代表するお菓子なのです。

基本的に、「おかき・あられ・せんべいは体にいい」と言える理由はこういう点にも見て取れるかと思います。

おかき・あられ・せんべいの写真

まとめ

ビタミンとミネラルは栄養素の吸収を助けたり体を作る材料となったりとあらゆる生命活動に関わり、さまざまな栄養素との相互関係によって働きが成り立っています。

おかき・あられ・せんべいなどの炭水化物を多く含むお菓子を食べる際には、たんぱく質や脂質を含むものと合わせて食べることで理想の栄養バランスに近づけることができるかと思います。

一般的に成人の場合、たんぱく質(P)は13~20%、脂質(F)は20~30%、炭水化物(C)は50~60%の割合が理想とされ、ビタミンとミネラルをあわせた五大栄養素をバランスよく食べることが推奨されています。

管理栄養士さんなどの専門家にアドバイスを仰ぎながら毎日の食事にお菓子を取り入れることも良いかと思います。

それでは、おかき・あられ・せんべいを食べる際にもビタミンとミネラルを、ぜひ意識していただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事がほんの少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

参考 日本人の食事摂取基準(2020)厚生労働省

※食べ合わせは体調や健康状態によって向き不向きがあります。
※栄養成分の効能効果については個人差があります。

※写真やイラストはイメージです。