ざらめのおかき・あられ・せんべいはカロリーや糖質は高いの?

ざらめおかきの画像

おかき・あられ・せんべいには、いろいろな味付けがありますが、ざらめ糖と醤油であまから風味に仕上げたタイプは多くの方に愛されています。

どこか昔ながらの懐かしい味がするのが『ざらめ糖』を使ったお菓子です。でも、たっぷりとまぶしているので、かなりカロリーや糖質が高いような気がしますが…。

結論としては、もちろん食べる種類や量によって異なりますが、醤油味のおかきやあられ、せんべいとそう大きくは変わりません。

おかき・あられ・せんべいのカロリーと糖質について

ざらめを使ったおかき・あられ・せんべいは、商品の内容量によってカロリーの数値は違ってきます。そのため、100gあたりを目安に比較するとわかりやすいと思い比較表を作ってみました。

実際に弊社で販売をさせていただいている『ざらめおかき』のカロリーは385kcalです。その他の種類のおかき・あられ・せんべいのカロリーと糖質と比べてみるとします。

100gあたり カロリー 糖質(炭水化物)
ざらめおかき 385㎉ 86.2g
ざらめせんべい 380㎉ 90.9g
あられ(しょうゆ味) 381㎉ 82.9g
しょうゆせんべい 373㎉ 88.4g
揚げせんべい 465㎉ 75.9g

※ざらめおかきは推定値です。
※参考資料: 七訂 食品成分表2020(女子栄養大学出版部)

このように実際に比較していただくと、大きな違いがないことがわかります。それに揚げたタイプのおせんべいよりカロリーは低いです。これは、原材料に使われる素材や調味料などによってカロリー値が大きく異なってくるからです。

表の数値はあくまでも一例です。実際の数値は商品ごとに変わってきますので、パッケージなどに記載されている栄養成分表示のエネルギー(熱量)の値を見て確認するようにしてください。

なお、間食としてお菓子類を食べる場合は、だいたい200キロカロリー程度が一般的な目安とされています。それを基準にすると、上記のおかき・あられ・せんべいでは、約40~50gほどが適量ということになります。

白ざら糖の糖質量について

白ざら糖についての栄養成分表示については下の表の通りとなります。糖質は炭水化物として表記されます。砂糖には食物繊維は含まれないため『炭水化物糖質』として考えていただけます。なお、白ざら糖はとても純度が高いため、黒砂糖とは違ってミネラルもほとんど含まれておりません。

栄養成分表示の比較対象として、同じ砂糖の上白糖と黒砂糖を例に比較表を作成してみました。

砂糖(白ざら糖・上白糖・黒砂糖)の栄養成分表示の比較表

100gあたり 白ざら糖 上白糖 黒砂糖
エネルギー 387㎉ 384㎉ 356㎉
たんぱく質 0g 0g 1.7g
脂質 0g 0g 0g
炭水化物 100g 99.3g 90.3g
食塩相当量 0g 0g 0.1g

※参考資料:七訂 食品成分表2020 女子栄養大学出版部

砂糖の種類や特徴などについて

砂糖は甘蔗(さとうきび)や甜菜(てんさい)の汁をしぼって煮詰めて作ります。大きく分けると2つの種類に分類されます。

糖蜜を除いた「分蜜糖」と、糖蜜を分離させない「含蜜糖」です。分蜜糖は、純度が高くクセのないすっきりとした味わい。一方、含蜜糖は、豊かなミネラルを含みまろやなかでコクのある甘みが特徴です。

砂糖の分類
(分蜜糖) (含蜜糖)
上白糖 黒砂糖
グラニュー糖 和三盆
三温糖 氷砂糖
ざらめ糖 メープルシュガー

※和三盆などの分類は、資料によって異なる場合もあります。

ざらめ糖は漢字では『双目糖』と書きます。大きく分けるとざらめ糖は、グラニュー糖白ざら糖(白双糖)中ざら糖(中双糖)の3種類あります。

おかき・あられ・せんべいに使われる砂糖は、基本的に『白ざら糖』になります。グラニュー糖と比べると結晶が大きいのが特徴です。また、純度が高いため、中ざら糖と違ってほぼ無色透明になります。

では、なぜ白ざら糖を使うのかというと、上品な甘さでクセがなくサラサラとしているため利用しやすいのが一番の理由です。また、無色透明でキラキラとしたきれいな色合いが素材を美しく引き立ててくれる点や、比較的溶けにくい性質をもっていることがあげられます。

白ざら糖の画像

白ざら糖を撮影してみましたので、なんとなくキラキラとしていて無色透明な結晶の粒のイメージが伝われば幸いです。

おかき・あられ・せんべいを醤油で味付けしたら、完全に乾かないうちに、白ざら糖をたっぷりと素早くまぶして作ります。

砂糖の効能や効果について

砂糖は、ブドウ糖果糖が結びついてできたショ糖(蔗糖)が主成分となる甘味料のひとつです。脳と神経系の唯一のエネルギー源としてとても大切な栄養素です。

砂糖 = ショ糖( ブドウ糖 + 果糖 )

即効性のある食品としても認知されているように、短時間でブドウ糖が体内で分解されて吸収されます。特に、疲れたときに甘いものが有効と言われるのはこのためです。

リラックスを高めてくれる脳内物質であるセロトニンは、トリプトファンというアミノ酸から合成されます。血液中に含まれているブドウ糖は、トリプトファンを脳のなかに入りやすくする働きがあると言われています。

甘いスイーツなどを食べる時が一番幸せという人もいるほど、心と体に癒しを与えてくれるのが砂糖なのです。

砂糖の起源や歴史について

さとうきびの発祥の地は、現在のニューギニア周辺(南太平洋)と言われていますが、砂糖はインドが起源と言われています。それは、砂糖に関する最初の記述がインドの仏典に登場することに由来します。

砂糖は、奈良時代に中国からの遣唐使らによって日本に伝えられたと言われています。当時の砂糖はとても高価で貴重なものでした。正倉院所蔵の『種々薬帖』という資料に蔗糖(しょとう)という記述があり、歴史的には薬として扱われていたことがわかっています。

鎌倉時代から室町時代頃には、調味料としても使われるようになりましたが、まだまだ高級な嗜好品でした。その後、安土桃山時代に南蛮菓子など砂糖を使ったお菓子の影響を受けて、江戸時代に入ると幕府の奨励もあって日本でも砂糖の栽培が本格的に始まるようになりました。

鹿児島県の奄美大島や沖縄県では黒糖、四国の徳島県・香川県では和三盆などが作られ、江戸時代の後期にもなると生産量も次第に増え、庶民にもだいぶんと手が届くようなになっていきました。今でも料理や和菓子に欠かすことのできない砂糖は貴重な調味料のひとつです。

保存方法と注意点について

一般的なおかき・あられ・せんべいに比べて、ざらめ付きのタイプは、砂糖が多い分だけ湿気には特に注意が必要です。砂糖の性質として、周りの温度や湿度によってベタついてしまったり、臭いを吸収してしまいやすいのが特徴です。

一度で食べきれない場合は、乾燥剤などとあわせて封をしっかりとしめて密封容器などに入れて保存する方が良いです。保管場所は、直射日光があたらず高温多湿でない場所を選ぶことがポイントです。

未開封の場合でも時間が経つとざらめは黄色っぽくなることがありますが、これは砂糖が『メイラード反応』という化学反応を起こすためで、特に賞味期限内であれば問題はないとされています。

ただし、開封後の保存状態によっては、外部から何らかの液体を吸収してしまい色が変わる可能性も考えられるため、この場合は食べる際には注意が必要です。

夏場などは特に温度が高くなってしまいますので、賞味期限にかかわらず、できるだけ早めに食べることがおすすめです。

さいごに

今はいろいろな人工甘味料もありますが、料理やお菓子作りでは、自然の砂糖を使い分けることでさまざまなメリットを享受できるかと思います。砂糖には、食品の腐敗を防いでくれたり、酸化防止や調理効果などもあり、美味しさまでを生み出してくれる大切な調味料なのです。

ざらめ糖を使ったおかきやあられ、おせんべいは、見た目にはとてもインパクトがありますが、適量を食べれば身体にも心にもやさしく美味しいお菓子です。これを機会にざらめ糖を使った甘辛風味が美味しいおかき・あられ・せんべいにも興味を持っていただけると嬉しいばかりです。

最後までご一読いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※写真やイラストはイメージです。