おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

ざらめ糖のおかき・あられ・せんべいはカロリーや糖質は高いのかな?|Crystal Sugar

ざらめせんべいのアイキャッチ画像

おかき・あられ・せんべいには、いろいろな味付けがありますが、ざらめ糖で仕上げた甘いせんべいは多くの方に愛されています。

でも、たっぷりと砂糖がまぶされているのでカロリーや糖質が気になる。また、ざらめせんべいを食べると太るのでは?というお声なども…。

そこで、今回は砂糖の特徴や効能効果を交えて、一般的なおかき・あられ・せんべいと比較した一覧表を作成してみましたので、参考になればと思います。

カロリーと糖質について

ざらめを使ったおかき・あられ・せんべいは、商品の内容量によってカロリーの数値は違ってきます。

ざらめおかきのカロリーは385キロカロリー、ざらめせんべいのカロリーは380キロカロリーです。

下記の表の通り、カロリーや糖質にそこまで大きな違いがないことがわかります。これは、原材料に使われる原材料や調味料などの最終的な量によってカロリー値が決まってくるからです。

種 類 カロリー 糖質(炭水化物)
ざらめおかき 385㎉ 86.2g
ざらめせんべい 380㎉ 90.9g
あられ(しょうゆ味) 381㎉ 82.9g
しょうゆせんべい 373㎉ 88.4g

※表示値は目安です。
●参考資料: 七訂 食品成分表2020(女子栄養大学出版部)

比較表の数値はあくまでも一例です。実際の数値は商品ごとに変わってきますので、パッケージなどに記載されている栄養成分表示を確認してみてください。

なお、間食としてお菓子類を食べる場合は、だいたい200キロカロリー程度が一般的な目安とされています。食べ合わせをする飲みものなどのカロリーも考慮していただき、ご自分にあった量を調節して食べていただければと思います。

ざらめせんべいの画像

砂糖の種類や特徴について

砂糖は甘蔗(さとうきび)や甜菜(てんさい)の汁をしぼって煮詰めて作ります。大きく分けると糖蜜を除いた「分蜜糖」と、糖蜜を分離させない「含蜜糖」の2つに分類されます。

分蜜糖は、純度が高くクセのないすっきりとした味わい。一方、含蜜糖は、豊かなミネラルを含みまろやなかでコクのある甘みが特徴です。

砂糖の分類
(分蜜糖) (含蜜糖)
上白糖 黒砂糖
グラニュー糖 和三盆
三温糖 氷砂糖
ざらめ糖 メープルシュガー

※和三盆の分類は、資料によって中間となる場合もあります。

ざらめ糖は漢字では「双目糖」と書きます。英語では「granulated sugar」や「crystal sugar」がイメージ的に近いのでしょうか。

ざらめ糖は、グラニュー糖白ざら糖(白双糖)中ざら糖(中双糖)の3種類があります。

おかき・あられ・せんべいに使われるのは、基本的に『白ざら糖』になります。グラニュー糖と比べると結晶が大きいのが特徴です。また、純度が高いため、中ざら糖のうすい褐色と違ってほぼ無色透明になります。

では、なぜ『白ざら糖』を使うのかというと、上品な甘さでクセがなくサラサラとしているため利用しやすいのが一番の理由です。また、無色透明でキラキラとしたきれいな色合いが素材を美しく引き立ててくれる点や、他の砂糖に比べると比較的溶けにくい性質をもっていることがあげられます。

白ざら糖の画像

上の画像は私が撮影した実際のざらめおかきに使用している白ざら糖です。なんとなくキラキラとしていて無色透明な結晶の粒のイメージが伝われば幸いです。

おかき・あられ・せんべいを醤油で味付けしたら、完全に乾かないうちに、白ざら糖をたっぷりと素早くまぶして作ります。

豆知識
ざらめは漢字で双目と書きます。サラサラしている様子から双目と呼ばれるようになったとも言われています。



砂糖の効能や効果について

砂糖は、ブドウ糖果糖が結びついてできたショ糖(蔗糖)が主成分となる甘味料のひとつです。砂糖はスクロースとも呼ばれ、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)でできた化合物です。

砂糖 = ショ糖( ブドウ糖 + 果糖

ブドウ糖は、脳や神経系のエネルギー源として大切な栄養素です。即効性のある食品としても認知されているように、短時間でブドウ糖が体内で分解されて吸収されます。疲れたときに甘いものが有効と言われるのはこのためです。

リラックスを高めてくれる脳内物質であるセロトニンは、トリプトファンというアミノ酸から合成されます。血液中に含まれているブドウ糖は、トリプトファンを脳のなかに入りやすくする働きがあると言われています。甘いスイーツなどを食べる時が一番幸せという人もいるほど、心と体に癒しを与えてくれるのが砂糖なのです。

ざらめせんべいを食べると太るの?糖質制限においては?

ざらめ糖を使ったおかき・あられ・せんべいを食べると太るのかな?という疑問ですが、もちろん食べすぎると太ってしまいます。また、糖質制限をされている方は食べる量や炭水化物の数値で厳密に調整する必要があります。

太るといった表現は『肥満』を意味します。肥満は基本的に摂取するカロリー消費するカロリーを上回る状態が続くことで起こります。

肥満の原因 : 摂取カロリー > 消費カロリー

体内に入った糖質は、消化液や消化酵素によってブドウ糖に分解されエネルギー源となりますが、一部はグリコーゲンとして肝臓に蓄えられ、それでもなお余ったものは皮下脂肪となります。

一見すると、ざらめ糖はインパクトがありますが、主食とのバランスを考えて、間食では適量を適度に、そして上手に食べることができれば太る心配はあまりないかと思います。

私自身は仕事がら約20年間にわたり、ほぼ月に数回程度は、ざらめ糖の付いたおかき・あられ・せんべいを食べ続けてきましたが、長い運動不足の時期を除いては太った経験がほとんどありませんので、食生活のバランスを意識していればきっと大丈夫だと思います…。

ざらめせんべいの歴史や起源について

砂糖が、一般庶民の間で日常的に使用されるようになったのは江戸時代の後期から明治時代と言われています。醤油も今の千葉県の銚子や野田などで造られていました。

砂糖をまぶしていたかは定かではありませんが、みたらし団子のように甘辛風味に味付けしていた可能性はあります。砂糖と醤油が市場に流通していたことから考えると、茶店などで甘味料や調味料として利用されていても不思議ではありません。

ざらめおかき』や『ざらめせんべい』の起源は、グラニュー糖が製造できる技術や設備が整った明治中期から大正頃だと考えることができます。

砂糖のイメージ画像砂糖の歴史と起源|世界から日本への伝来と伝播について|歴史由来編

なお、参考のために『ざらめおかき』と『ざらめせんべい』をお皿にのせて写真に撮ってみました。左側がざらめおかきで、右側がざらめせんべいです。

ざらめおかきとざらめせんべいの画像

保存方法と注意点について

一般的なおかき・あられ・せんべいに比べて、ざらめ糖のタイプは、砂糖の量が多い分だけ湿気には特に注意が必要です。周りの温度や湿度によってベタついてしまったり、臭いを吸収しやすい性質があります。

一度で食べきれない場合は、乾燥剤などとあわせて封をしっかりと閉じて密閉容器などに入れて保存する方法がおすすめです。直射日光が当たらず高温多湿でない場所を選んで保管してください。

砂糖のメイラード反応とは

ざらめ糖を使ったおかき・あられ・せんべいは、未開封の場合でも時間が経つとざらめ糖が黄色っぽくなることがあります。これは砂糖が『メイラード反応』という化学反応を起こすためです。

メイラード反応とは、糖質とアミノ酸が反応をして「メラノイジン」という褐色物質が生まれることで色が変化することを言います。ざらめ糖の色が褐色や黄色っぽく変わっても賞味期限内であれば問題はありません。

ただし、開封後の保存状態によっては、外部から何らかの液体を吸収してしまい色が変わる可能性も考えられるため、この場合は食べる際には特に注意が必要です。保管方法があいまいで原因が分からず、不安な時は食べないようにしましょう。

夏場などは部屋の温度が高くなってしまいますので、賞味期限にかかわらずできるだけ早めに食べるようにしてください。

まとめ

糖質は、植物の光合成でつくられています。人が生きていくうえで欠かせない物質で、動物のほとんどが自らは作り出せないため、食べ物などから摂る必要があります。

砂糖は、食品の腐敗を防いだり酸化防止や調理効果などもあり、美味しさに加えてエネルギーまで生み出してくれます。

ざらめ糖を使ったおかき・あられ・せんべいは、醤油味やサラダ味などよりも砂糖の量が多い分だけ、疲れを癒してくれるには最適と言っていいかもしれません。

これを機会に、ざらめ糖を使ったおかき・あられ・せんべいにも興味を持っていただけると嬉しいばかりです。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※写真やイラストはイメージです。