おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

青のり・あおさ・ヒトエグサの違いと栄養成分などについて|素材編

青のりのアイキャッチ画像

おかき・あられ・せんべいによく使われる素材として『青のり』と『あおさ』、『ひとえぐさ(ヒトエグサ)』があります。きれいな緑色が美味しそうな雰囲気を与えてくれます。

すべて藻類の一種で、市販品では粉状になっているものが多く一見するとよく似ているため同じものだと思われがちですが、青のり・あおさ・ヒトエグサは種類が違うものになります。

磯の香りが良いため、料理やお菓子などによく使われているので馴染みのある食材です。それぞれの特徴を活かして、用途によって使い分けられています。

青のり・あおさ・ヒトエグサの種類と分類について

青のりとあおさはアオサ科の藻類です。青のりはアオノリ属、あおさはアオサ属に分類されています。一方、ひとえぐさ(ヒトエグサ)はヒトエグサ科のヒトエグサ属になります。

藻 類
アオサ科 ヒトエグサ科
アオノリ属 アオサ属 ヒトエグサ属
青のり あおさ ヒトエグサ

なお、ヒトエグサ科のヒトエグサを一部の地域では、あおさ・あおのり・あおさのりと呼ぶことがありますが、当記事では「青のり・あおさ・ヒトエグサ」の3つに分けて表示し比較しています。

青のり・あおさ・ヒトエグサの違いと見分け方について

青のり・あおさ・ヒトエグサは、香りや色合い、食感や風味などが異なります。用途によっても形態や大きさも変わってきます。

一番確実な見分け方は、商品パッケージに記載されている原材料名を確認することですが、中身を実際に見比べてみないと香りや色合い、形態などの違いが分かりにくいかもしれません。

そこで、実際に青のり・あおさ・ヒトエグサを撮影してみましたので、下記の画像で見比べていただければと思います。あくまでも一例ですが、なんとなくでも見た目での違いを分かっていただけると思います。それぞれの特徴や産地などを含めて食べ方などと違いについてまとめてみました。

青のりの特徴と産地について

青のりは、糸状の藻類で香りや風味が豊かなため、あおさやヒトエグサに比べると高価です。海水と淡水が混じる河口付近の汽水域で育ちます。特に高知県の四万十川で採れる天然のスジアオノリは最高級品といわれています。その他、徳島県の吉野川や愛媛県、岡山県などが主な産地です。

青のりは、とても香りが良いうえにきめが細かく甘みもあるため、主に高級な料理や御菓子などに利用されています。特におはぎなどの和菓子には欠かすことの出来ない素材です。食べ方としては、青のりの最大の魅力となる芳香を活かしたトッピング系が多いのが特徴です。

青のりの画像

あおさの特徴と産地について

あおさは、葉状の藻類で青のりの仲間です。海の浅いところにある岩場などに付着して繁殖します。愛知県の三河湾などをはじめ日本広域で生息しています。青のりに比べると比較的安定して採取できるので、手ごろな価格で販売されています。料理をはじめ加工食品や菓子類などに幅広く使用されています。

青のりより少し香りが弱いとも言われていますが、私自身は青のりと違ったよい香りがすると思います。あおさの食べ方としては、お好み焼きやたこ焼き、卵焼きなど。量を気にせずにたっぷりと利用できるのは嬉しいところです。

あおさの画像

ひとえぐさ(ヒトエグサ)の特徴と産地について

ヒトエグサ科のヒトエグサは、漢字で『一重草』と書きます。生産量は三重県が日本一を誇り、太平洋沿岸をはじめ、九州や沖縄などが主な産地です。沖縄では「アーサ」とも呼ばれ、海の野菜として親しまれ、汁物などの郷土料理に使われています。

葉がやや厚めなので煮込み料理や佃煮(つくだに)の原料に最適と言われています。色合いも美しいことから、食べ方としては、みそ汁や酢の物、てんぷら、ふりかけなどの料理などに幅広く利用されています。

ひとえぐさの画像

アーサ汁は、沖縄県の郷土料理。ヒトエグサと島豆腐を使った汁物のこと。アーサー汁、アーサスープとも呼ばれる。 魚からとった出汁に豆腐とアーサを刻んで入れ、塩、醤油、味噌などで仕上げ、吸い物とする。家庭料理として作られるほか、定食でも提供される。八重山では「ゆくずる」と呼び、ハレの日の場にて供されることもある。

出典元:ウィキペディアより

ちなみに下記の商品では、原材料はヒトエグサですが、親しみのある「あおさ」の名称で販売されています。

青のり・あおさ・ヒトエグサの栄養価の違い

アオサ科の青のりとあおさは同じ仲間になりますが、育つ環境が違うため栄養成分の値には微妙に違いがあります。ヒトエグサと比べてみても各々の栄養価はそれぞれ違います。

では、栄養価では「青のりとあおさ、ヒトエグサはどれがいいの?」という疑問が浮かぶかと思います。そこで、栄養成分表示やビタミン、ミネラルなどを比較してみましたので、参考にしていただければと思います。

実際に、おかき・あられ・せんべいの原材料として使用されている量は、もっと少量ですが比較として100gあたりを目安としています。

栄養成分表示(カロリー・糖質・塩分)の違い

エネルギーとは、たんぱく質・脂質・炭水化物の熱量の合計値です。糖質は炭水化物から食物繊維を差し引いた数値となります。また、塩分は食塩相当量をご確認ください。

栄養成分表示(100gあたり)

項目 青のり あおさ ヒトエグサ
エネルギー 164㎉ 130㎉ 130㎉
たんぱく質 29.4g 22.1g 16.6g
脂質 5.2g 0.6g 1.0g
炭水化物 41.0g 41.7g 46.3g
(糖質) (5.8g) (12.6g) (2.1g)
(食物繊維) (35.2g) (29.1g) (44.2g)
食塩相当量 8.1g 9.9g 11.4g

参考資料:七訂 食品成分表2020 女子栄養大学出版部

同じ藻類のため数値は全体的には比較的近いですが、カロリーもそこまで高くなく、炭水化物に含まれる食物繊維の割合が糖質を上回り、比率もかなり高い点があげられます。カロリーや糖質が気になる方にはうれしいポイントです。

また、食塩相当量においては藻類のため、ある程度の量が含まれますが、使う量が少量の場合はそこまで気にする必要はないかなと思います。

脂質においては青のりがおおさ、ヒトエグサの約数倍多く含まれている特徴が見られます。脂質は、細胞膜や血管を強くしてくれたり、脂溶性ビタミンの吸収などを助けてくれるエネルギー源になります。

主なビタミンの違い(100gあたり)

種類 青のり あおさ ヒトエグサ
ビタミンA 20000㎍ 2500㎍ 8500㎍
ビタミンE 2.5㎎ 1.1㎎ 2.5㎎
ビタミンB6 0.50㎎ 0.09㎎ 0.03㎎
ビタミンB12 32.1㎍ 1.3㎍ 0.3㎍
ビタミンC 62㎎ 25㎎ 38㎎

※ビタミンAは、β‐カロテン、ビタミンEは、α‐トコフェロールの値になります。
参考資料:七訂 食品成分表2020 女子栄養大学出版部

ビタミンについては、青のりがすべてにおいて多く含まれているのがわかります。特にビタミンAビタミンB12においては、あおさとヒトエグサの数倍~数十倍多く含まれています。

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ成分で、目にも良いとされています。また、ビタミンB12は貧血を予防したり神経の働きをサポートしてくれる成分です。

主なミネラルの違い(100gあたり)

種類 青のり あおさ ヒトエグサ
ナトリウム 3200㎎ 3900㎎ 4500㎎
カリウム 2500㎎ 3200㎎ 810㎎
カルシウム 750㎎ 490㎎ 920㎎
マグネシウム 1400㎎ 3200㎎ 880㎎
リン 390㎎ 160㎎ 280㎎
77.0㎎ 5.3㎎ 3.4㎎

参考資料:七訂 食品成分表2020 女子栄養大学出版部

青のりにはリンと鉄、あおさにはカリウムとマグネシウム、ヒトエグサにはナトリウムとカルシウムが豊富というように、それぞれの含有量に違いが見られます。

鉄分不足の方にとっては、青のりにおける鉄の含有量は魅力的です。鉄分の吸収を助けてくれるビタミンCも豊富なためとても優れた食品と言えます。

赤身肉のイメージ画像おかき・あられ・せんべいで鉄分を摂ることはできる?|ミネラル編

ミネラルの効能効果について

すべての効能や効果をあげるとわかりにくくなってしまいますので、ここでは青のり・あおさ・ヒトエグサに含まれる主なミネラルを取り上げています。

ナトリウムはカリウムと細胞内外の浸透圧を調節したり、神経や筋肉細胞の活動を助ける機能維持に必要な成分です。

カルシウムはリンと酸素とあわさってリン酸カルシウムとして骨や歯の構成成分になります。また、カルシウムは神経の興奮を沈め、安定に保つ働きなどもあります。

マグネシウムはカルシウムの血管壁への沈着を防いだり、骨の強化などの働きをします。また、脳が正しく働くためや筋肉や心臓の拍動を調整したりする必須ミネラルのひとつです。

鉄分は微量ミネラルのひとつで赤血球のヘモグロビンの必須成分として知られ、酸素を運ぶ働きを助けています。

ミネラルは、すべての成分を適量にバランスよく摂取するのが好ましいとされています。

なお、私が普段使っている青のりは5種類ほどありますが、そのひとつが瓶に入っていて食卓で気軽に使える下記のタイプです。国産の青のりの香りがとても効いているので、あらゆるシーンでおすすめです。

まとめ

青のり・あおさ・ヒトエグサを比べた場合、全体としては青のりが栄養価がもっとも高いという結果ですが、青のりは希少ということもあってとても高価です。それぞれの効能や効果を踏まえると、メニューや献立によっては使用する目的や量を調整するのが良いかもしれません。

青のり、あおさ、ヒトエグサを上手く使い分けたり、ブレンドすることでも利用しやすくなります。メリットデメリットにおいては、どれも栄養バランスがよい点では甲乙つけがたいところです。海苔を含めた藻類は『海の緑黄色野菜』とも呼ばれる貴重な食材です。

おかき・あられ・せんべいには、1種類だけを使用しているものもあればブレンドをしているものがあります。どれも食物繊維(水溶性食物繊維)を含むため、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。そのため、糖質(炭水化物)が比較的多いおかき・あられ・せんべいの素材としては、とてもよい相性ではないでしょうか。

『青のり・あおさ・ひとえぐさ(ヒトエグサ)』を使ったおかき・あられ・せんべいを楽しんでいただく機会になれば嬉しいばかりです。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かの参考になれば幸いです。


※栄養素の効能などについては素材について述べたものであり、商品の効果を示すものではありません。
※栄養成分の効能効果には個人差があります。
※写真やイラストはイメージです。