おかき・あられ・せんべいの専門家監修

たんぱく質とコラーゲンについて|おかき・あられ・せんべいと美容の関係とは?|Protein and collagen

美肌の女性(イメージ画像)

たんぱく質は、三大栄養素のひとつで体づくりに必要不可欠な栄養素です。一般的なおかき・あられ・せんべいにも約5~10%の割合で含まれています。

たんぱく質の役割ってなに?」「お肌の美容や健康とも関係があるの?」といった疑問を少しでも解消すべく、たんぱく質の働きと役割についてまとめてみました。

コラーゲンは、美肌を作るたんぱく質とも言われています。間食においても効率的な摂取ができれば美容効果も期待できるかもしれません。

たんぱく質(Protein)とは?

たんぱく質を多く含む食品

たんぱく質は、アミノ酸がペプチド結合してできた鎖状の高分子化合物です。構造名から「ポリペプチド」と呼ばれる場合もあります。

筋肉や臓器、骨、爪、皮膚、髪などのあらゆる組織に関わり、体の機能を調整するホルモンや消化酵素の原料としても利用されています。

コラーゲンエラスチン、ケラチン、カゼイン、ラクトフェリン、タウリン、γ‐アミノ酪酸(GABA)、グルタミンなどの種類があります。

たんぱく質は、多数のアミノ酸がペプチド結合して構成されている高分子化合物である。アミノ酸は、20 種類あり、アミノ酸が 2 個以上結合したものをペプチド、一般に 10 個程度結合したペプチドをオリゴペプチド、それ以上をポリペプチドといい、たんぱく質はアミノ酸が 80 個程度かそれ以上結合したものである。

出典元:厚生労働省 HP

たんぱく質は、消化酵素でアミノ酸に分解されたのち、小腸から吸収され肝臓へ送られます。一部のアミノ酸は、血液を通って全身におくられ、新しい組織を作るための材料になります。

肉や魚、乳製品などの動物性たんぱく質と、穀類や豆製品などの植物性たんぱく質に分かれます。

それぞれの食品ごとに、たんぱく質を構成するアミノ酸の比率が違ってきます。必須アミノ酸をバランスよく含むものを「良質たんぱく質」と呼びます。

アミノ酸(Amino acid)について

20種類のアミノ酸のうち、体内で合成されないものは「必須アミノ酸」、体内で合成できるものは「非必須アミノ酸」に分類されています。

必須アミノ酸(9種類)は、イソロイシン、ロイシン、リジン、含硫アミノ酸(メチオニン+シスチン)、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン+チロシン)、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンです。

非必須アミノ酸(11種類)は、グリシン、アラニン、セリン、シスチン、チロシン、プロリン、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミンです。

私たちの体のなかでは、日々新しいアミノ酸を補給しながら新陳代謝が行われています。どちらも体を作るために必要なのでバランス良く摂取することが大切です。

美肌を生み出すコラーゲンとは?

皮膚の断面図

コラーゲンは、たんぱく質の一種です。体内たんぱく質の約30%を占め、アミノ酸が鎖状につながった三重の螺旋(らせん)構造をしています。

皮膚では、上の図のように体の細胞と細胞を繋いで、肌のハリ弾力性を保つ働きがあります。

皮膚組織の水分を除くと約70%がコラーゲンになります。そのため、不足すると潤いが無くなり肌の老化に繋がってしまうかもしれません。

体内では常に新しいコラーゲンを作り出しているため、良質たんぱく質を含む食品をしっかり摂る必要があります。

コラーゲンを合成するためには、必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質に加えてビタミンC鉄分が不可欠です。

必須アミノ酸を多く含む素材とは?

黒大豆と黒豆おかきの写真

おかき・あられ・せんべいで使用される素材で、必須アミノ酸を比較的多く含むものが、黒大豆、納豆、海苔です。私は勝手に「三大必須アミノ酸素材」と呼んでいます。

必須アミノ酸の補足効果を意識しておかき・あられ・せんべいを食べることで栄養バランスを高めることができます。

ちなみに、私のお気に入りは『黒豆おかき』と『黒豆せんべい』です。地元・兵庫県の特産物として有名な丹波黒大豆をよく食べて育ったこともあってイチオシです。

参考のために一般的なおかき・あられ・せんべいと黒大豆では100gあたりに含まれる必須アミノの量がどれだけ違うかを比較できるように一覧表を作成してみました。

アミノ酸成分表(100gあたり)

種類 おかき
あられ
しょうゆ
せんべい
黒大豆
(煎り)
イソロイシン 330㎎ 320㎎ 1800㎎
ロイシン 660㎎ 630㎎ 3000㎎
リシン
(リジン)
300㎎ 290㎎ 2100㎎
メチオニン
&シスチン
380㎎ 360㎎ 1100㎎
フェニルアラニン
&チロシン
800㎎ 710㎎ 3300㎎
トリプトファン 110㎎ 97㎎ 520㎎
バリン 480㎎ 470㎎ 1900㎎
ヒスチジン 200㎎ 200㎎ 1100㎎

※おかき・あられ・せんべいの数値は推定値です。
●参考資料:七訂 食品成分表2020 アミノ酸成分表 女子栄養大学出版部

ひとこと:間食でも良質なたんぱく質を補うことが大切

三大栄養素の食品グループ

普段、何気なく食べているお菓子にもたんぱく質が豊富なものもあれば、そうでないものがあります。

朝ごはんや昼ご飯で食べたメニューを思い浮かべながら、たんぱく質の『』を意識しておやつを選んでみるのも楽しいかもしれません。

基本的に、おかき・あられ・せんべいは精白米を主原料にしている分、必須アミノ酸で弱い部分(第一制限アミノ酸:リジン)を補う必要があります。

それらを考慮すると、アミノ酸スコアの高い黒大豆や納豆、海苔を使ったおかき・あられ・せんべいは、理にかなった組み合わせです。

ゆで卵 ” や “ 煎り豆(大豆製品)、牛乳”などとの食べ合わせもおすすめです。

主食と間食で、たんぱく質をしっかりと摂ることができれば、美容にもうれしい時間になるかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

参考 コラーゲン(こらーげん)e‐ヘルスネット(厚生労働省)

【参考文献】
●新しいタンパク質の教科書 上西一弘 監修(池田書房)
●たんぱく質とからだ 平野久 著(中公新書)
●高たんぱく健康法 三石巌 著(阿部出版)
●新・栄養医学ガイドブック 柏崎良子(ヨーゼフ)

※栄養成分の効能効果については個人差があります。
※写真やイラストはイメージです。