おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

たんぱく質とおかき・あられ・せんべいの関係|アミノ酸成分表でも比較

黒大豆と黒豆おかきの写真

たんぱく質は、英語で「プロテイン」と呼ばれる体づくりに必要不可欠な栄養素です。一般的なおかき・あられ・せんべいにも約5~10%の割合で含まれています。

でも、アミノ酸のバランスや必須アミノ酸はどうなの?といった疑問もあるかもしれません。

そこで、今回はたんぱく質の働きとアミノ酸の種類を交えておかき・あられ・せんべいとの関係性をまとめてみました。

たんぱく質(Protein)とは?

たんぱく質は、アミノ酸が結合してできた高分子の化合物です。1gあたり4キロカロリーのエネルギーを生み出します。エネルギーになるだけでなく、体を構成するための栄養素として必要不可欠です。

たんぱく質は、体の約20%を占めています。筋肉や臓器、骨、爪、皮膚、髪などのあらゆる組織に関わっています。また、体の機能を調整するホルモンや消化酵素などの原料としても利用されます。

たんぱく質には、コラーゲンやカゼイン、ラクトフェリン、タウリン、γ‐アミノ酪酸(GABA)、グルタミンなどの種類があります。

たんぱく質の代謝について

たんぱく質は、消化酵素でアミノ酸に分解されたのち、小腸から吸収され肝臓へ送られます。一部のアミノ酸は、血液を通って全身におくられ、新しい組織を作るための材料になります。

たんぱく質は、絶えず分解と合成がくり返されるため、毎日の食事からきちんと摂る必要があります。

大きくわけると、肉や魚、乳製品などの動物性たんぱく質、豆や豆製品などの植物性たんぱく質の2種類に分かれます。

それぞれの食品ごとに、たんぱく質を構成するアミノ酸の比率が違ってきます。必須アミノ酸をバランスよく含むものを「良質たんぱく質」と呼びます。

アミノ酸(Amino acid)について

たんぱく質を構成している20種類のアミノ酸のうち、体内で合成されない9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」、体内で合成できるものを「非必須アミノ酸」にと分類されています。どちらも体を作るために必要なのでバランス良く摂取することが大切です。

必須アミノ酸(9種類)

イソロイシン、ロイシン、リジン、含硫アミノ酸(メチオニン+シスチン)、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン+チロシン)、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン

非必須アミノ酸(11種類)

グリシン、アラニン、セリン、シスチン、チロシン、プロリン、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン

私たちの体のなかでは、日々新しいアミノ酸を補給しながら新陳代謝が行われています。できるだけ必須アミノ酸を豊富に含む食品を積極的に取り入れたいものです。

必須アミノ酸を多く含む素材とは?

おかき・あられ・せんべいで使用される素材で、必須アミノ酸を比較的多く含むものが、黒大豆、納豆、海苔などです。私は勝手に「三大必須アミノ酸素材」と呼んでいます。

必須アミノ酸の補足効果を意識しておかき・あられ・せんべいを食べることで栄養バランスを高めることができます。

ちなみに、私が特にお気に入りなのが『黒豆おかき』と『黒豆せんべい』です。地元・兵庫県の特産物として有名な丹波黒大豆をよく食べて育ったこともあってイチオシです。

参考のために一般的なおかき・あられ・せんべいと黒大豆では100gあたりに含まれる必須アミノの量がどれだけ違うかを比較できるように一覧表を作成してみました。

アミノ酸成分表(100gあたり)推定値

種類 おかき
あられ
しょうゆ
せんべい
黒大豆
(煎り)
イソロイシン 330㎎ 320㎎ 1800㎎
ロイシン 660㎎ 630㎎ 3000㎎
リシン
(リジン)
300㎎ 290㎎ 2100㎎
メチオニン
&シスチン
380㎎ 360㎎ 1100㎎
フェニルアラニン
&チロシン
800㎎ 710㎎ 3300㎎
トリプトファン 110㎎ 97㎎ 520㎎
バリン 480㎎ 470㎎ 1900㎎
ヒスチジン 200㎎ 200㎎ 1100㎎

※おかき・あられ・せんべいの数値は推定値です。
●参考資料:七訂 食品成分表2020 アミノ酸成分表 女子栄養大学出版部

20種類すべてのアミノ酸を含むサプリメント

たんぱく質を食事から摂取することが基本ですが、仕事や家事のお手伝いが忙しく、きちんとした食事がとれない日などには、20種すべてのアミノ酸がバランスよく入ったサプリメントを利用するようにしています。

食品を扱うだけに非常に手を洗う機会も多く、手や爪などが傷みやすくなるためです。炭水化物が主体のおかき・あられ・せんべいをいつも食べているとアミノ酸が恋しくなるのかもしれません。

なお、たんぱく質を構成する『アミノ酸(amino acid)』と、うま味調味料としてよく利用されている『アミノ酸(グルタミン酸ナトリウム)』は、名前は似ていますが、まったく別ものです…。

アミノ酸のサプリメントはたくさんありますので、商品情報や口コミ、体験談などを参考に自分にあったものを選ぶようにしてみてください。

ちなみ私が愛用しているのは、FANCL(ファンケル)さんの健康補助食品『新・マルチアミノ酸』などです。ご興味ありましたらチェックしてみてください。

まとめ

普段、何気なく食べているお菓子にもたんぱく質が豊富なものもあれば、そうでないものがあります。

朝ごはんや昼ご飯で食べた献立やメニューを思い浮かべながら、たんぱく質の『』も意識して3時のおやつを選んでみるのも意外と楽しいかもしれません。

基本的に、おかき・あられ・せんべいは精白米を主原料にしている分、必須アミノ酸の一部を補う必要があると考えています。

それらを考慮するとアミノ酸スコアの高い黒大豆を使ったおかき・あられ・せんべいは、やはりおすすめです。

主食と間食でたんぱく質をしっかりと摂ることができれば、毎日のティータイムも楽しく健康的な時間になるかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。当記事が何かのお役に立てれば幸いです。

※栄養成分の効能効果については個人差があります。
※写真やイラストはイメージです。