おかき・あられ・せんべいのカロリーが気になる方へ

砂糖の歴史と起源|世界から日本への伝来と伝播について|歴史由来編

砂糖のイメージ画像

おかき・あられ・せんべいに使用する甘味料として砂糖はなくてはならない素材です。砂糖といえば、ザラメをたっぷりとまぶしたものなどが人気です。

今回は、世界における砂糖の歴史や日本への伝来と伝播などを交えて、ざらめを使ったおかき・あられ・せんべいの誕生などについてまとめてみました。

世界における砂糖の歴史について

砂糖の歴史における起源はインドと言われています。これは、砂糖に関する記述が紀元前5世紀頃のインドの仏典にみられることが根拠となっています。

「SUGAR(シュガー)」の語源は、サトウキビを意味する古代インドのサンスクリット語「SARKARA(サルカラ)」に由来します。

但し、砂糖の原料である『サトウキビ甘蔗)』の起源となるとおよそ紀元前8000年まで遡ります。場所は、南太平洋にある現在のニューギニア島辺りです。

サトウキビが、フィリピン諸島やインドネシア諸島などを経てインドに伝わり、製糖技術が生まれて砂糖が作られるようになったと考えられています。

その後、温暖な気候な場所でサトウキビが栽培されて砂糖作りが普及していきました。そして、世界各地へ砂糖が伝播するなかで、いずれ日本にも伝わることになります。

日本への砂糖の伝来について

日本では奈良時代(754)に唐(中国)の僧である『鑑真(がんじん)』が、当時の砂糖を持って来日した記録があります。

正倉院所蔵の『種々薬帖(しゅじゅやくちょう』という資料に蔗糖(しょとう)という砂糖を意味する記述があり、歴史的には薬として扱われていたこともわかっています。

平安時代から鎌倉時代、室町時代にかけては、薬だけでなく甘味料としても使われるようになっていきましたが、まだまだ希少価値が高く贅沢な嗜好品のようでした。

安土桃山時代と南蛮菓子

天文12年(1543)に、ポルトガル船が種子島に漂着してから、ヨーロッパ諸国からの南蛮文化とともに砂糖を使った南蛮菓子や鉄砲が伝わります。

カステラ、ボーロ、コンペイトウなどが安土桃山時代に伝わり、砂糖を原料につかった南蛮菓子の美味しさに魅了されたといいます。

その後、砂糖を使った和菓子は、茶の湯の文化の発展とともに需要が高まり、日本独自の菓子文化として花開くことになります。

それまでの日本における甘味料は、植物の樹液でつくる甘葛(あまづら)や果実、はちみつなどが一般的でした。

カステラのイメージ画像

シュガーロードによる伝播と菓子文化

江戸時代には、ヨーロッパ諸国の動きに危機を感じた幕府によって鎖国が行われましたが、砂糖は引き続き長崎の出島から日本国内に入ってくることになります。

砂糖は、長崎の出島を起点とした「シュガーロード」と呼ばれる長崎街道(長崎~佐賀~小倉)を通り、山陽道、東海道を通って大阪・京都・江戸に砂糖が運ばれていきました。

現在も長崎街道沿いにあった町々では、当時の砂糖の歴史を偲ばせるさまざなお菓子が販売されています。

参考 長崎街道「シュガーロード」シュガーロード連絡協議会

江戸幕府による砂糖の貿易統制

江戸幕府は砂糖の輸入と引き換えに外国に財が流れ出ることを食い止めようと、砂糖の輸入に関する統制を行います。さらには国内での砂糖の生産を試みるようになります。砂糖作りを本格的に奨励したのが、第8代将軍の徳川吉宗と言われています。徳川吉宗と言えば江戸の三大改革のひとつである『享保の改革』を行ったことでも有名です。

砂糖の需要の高まりもあって日本の各地で砂糖作りが盛んに行われ、やがて輸入される砂糖の量を上回ることになります。そのおかげで、砂糖を使った料理やお菓子などが日常的なものへと少しずつ浸透していきました。

各地では、砂糖を使ったさまざな和菓子や駄菓子などが作られるようになり、地域の特色を活かした新しい名物が生まれました。

明治時代に入ると砂糖の輸入規制が取り払われ、国外から安価な砂糖が大量に入ってくるようになったため、国内の砂糖作りを行う製糖所はほぼ壊滅してしまいます。残ったのは、今の鹿児島県の奄美大島や沖縄県で作る黒糖(こくとう)、四国の徳島県・香川県の和三盆(わさんぼん)でした

明治時代には、砂糖は庶民の手にも届くようになり、日常的に使用されるようになります。明治の中期から後期には、北海道で「甜菜(てんさい)」と呼ばれサトウダイコン(ビート)から砂糖を作る試みも行われ、次第に日本国内での砂糖の生産量が再び増えていきました。

ざらめを使ったおかき・あられ・せんべいの誕生は?

当時の江戸の人口は100万人とも言われ、すべての人の消費を賄うために京都や大阪をはじめ全国各地から物資が集まっていました。

砂糖が一般的に使われるようになったのが江戸時代の後期です。当時は、すでに醤油(しょうゆ)も千葉県の銚子や野田などで本格的な生産が行われていました。

おかき・あられ・せんべいに醤油をつけて、砂糖をまぶしていたかは資料がないため不明ですが、醤油と砂糖をまぜて甘辛醤油として味付けをしていた可能性は十分に考えられます。

寿司や納豆などの食品をはじめ、羊羹や団子などのお菓子も売られていたため、砂糖と醤油もせんべいを扱う茶店で利用されていたと考えても不思議ではありません。

現在のような姿の『ざらめおかき』や『ざらめせんべい』になったのは比較的最近です。ザラメ(双目)は、グラニュー糖の一種です。そのため、グラニュー糖を製造できる技術や近代設備が整った明治中期から大正頃にかけてが起源だと考えています。

ざらめせんべいのアイキャッチ画像ざらめ糖のおかき・あられ・せんべいはカロリーや糖質は高いのかな?|Crystal Sugar

まとめ

砂糖の歴史を紐解くと、世界の菓子文化や時代の影響を大きく受けていることがわかります。

普段は、砂糖を何気なく用いたり、食品を通じて食べていますが、時には悪者扱いされることも…。

しかし、生命活動になくてはならない植物由来の食品です。砂糖の効能効果を知ると健康のために大切な栄養素であることがわかります。

ザラメを使ったおかき・あられ・せんべいは、さまざまなメーカーさんから販売されています。空腹を満たしたり、気分転換になったり、疲れを癒したり、エネルギー源となったりと実にさまざな役割があります。

ぜひ、お気に入りの一品で楽しいおやつの時間を過ごしていただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。当記事が何かの参考になれば幸いです。

※歴史や起源・由来には諸説があります。
※写真やイラストはイメージです。